FC2ブログ
2016/04/25 Mon 06:42 野球
呆然…意気消沈…

大谷に今季初勝利となるはずだった…

今季初の3カード連続の勝ち越しとなるはずだった…

勝率5割に復帰するはずだった…

そんな意味でも今季終わって振り返ったときにターニングポイントになるであろう試合でした。

その中でも大きな転機は「谷元の18球」…

緊急降板ではあったもののその時点で大谷の投球は115球…当然スタンバイができていなければならない救援陣。

そもそもが不調の谷元の悪さもありますが…左の柳田を迎えてなぜ宮西や加藤ではなかったのか?

準備不足、役不足?それとも采配の考慮不足?

もちろんその後打たれたマーティン、増井の甘さもありますが、やはり試合の流れを変えたのはこの場面でしたよね。

選手、首脳陣…色々とその要因はあるのでしょうが、それにしてもあまりに痛い1敗…

絶対に勝たなければならない試合、勝てる試合、しかも相手がHawksだけに…

あえて「悔やんでほしい」敗戦です!



第24戦 福岡ソフトバンクホークス(4月24日 福岡ヤフオク!ドーム)


  5-6x  スアレス  増井  なし
            福田 長谷川 内川


 谷元(-1)
緊急登板のハンディはあったのだろうが1死も取れないのは
やはり今季の不調を象徴している…押し出しにタイムリーと
一気に試合の流れが変わり…彼らしさを取り戻すには降格?

 増井(-2)
6セーブこそ付いているものの中味は全くの不安定…それが
防御率7点を超える結果に表れている…気持ちが負けている
?まさかWSBCの経験が尾を引いているとは思わないが…
スポンサーサイト