FC2ブログ
2016/04/26 Tue 07:12 ラーメン
昼間は前回紹介したように久しぶりに美味しいラーメンを頂きまして…

で、この日の夜は某スーパーアイドルグループ「A」のコンサートが札幌ドームにて開催。

ここ数年、我が家の恒例行事の一つとなっておりまして、今年も嫁さんと2人の娘が参戦!そして同じく今年も私が送迎を担当します(笑)

開演は18時で17時頃には入場したいとのことでドーム付近で彼女たちをその頃に送り届け、21時過ぎのお迎えまで今年もドーム近くの「つきさむ温泉」でゆっくり過ごす訳ですが、その前に一足早い夕食…

で、やはり昼に続いてラーメンになってしまうんですよね、やっぱり。ドーム付近だと有数の人気店「T」さんがありますが開店は18時なので断念。

そしてネットでこの辺りのお店を探したら「札幌ブラック」なんて比喩されているお店があるじゃないですか!

「つきさむ温泉」よりさらに清田方面へ国道36号線を走り、北野方面の旧道に逸れてすぐのところにある「北龍」さんです。

一軒家風の建物の1Fに店を構え、軒先にはメニューが書かれた看板が置かれ、赤い提灯、緑の暖簾が夕闇にボンヤリと映えて何か札幌市内って感じがしないなぁ。

ちなみに「旭川ラーメン」とも書かれており「札幌ブラック」の比喩は?って感じで…で、しかも外から見るとその提灯の明るさよりも店内が暗い…

一瞬準備中か?と思ってしまいますが昼からの通し営業のはずですし準備中の看板もないですので…勇気を出して入口をオープン。

「はい、いらっしゃい!」との正面の厨房から店主の威勢の良い声に一安心。夕食にはちょっと早い時間でもあり店内には客はおりません。

入って左側がカウンターとテーブル席、そして右側は座敷席で中には保存用の冷蔵庫やたくさんのGiantsグッズが飾られていますがこちらは照明が消され、そこに奥様でしょうか、女性のご婦人がスマホを触っておりましたが、接客モードに入られました。

それはともかくオーダですが、スタンダードな定食・ラーメン屋さんのメニュー/味が並ぶ中、やはりここは「札幌」ブラックと例えられている醤油味にチャーシュー増量の「チャーシューメン(醤油)」(¥700)をオーダです。

北龍

さぁスープですが、濃い茶色…まぁブラックと言われるのはわかりますが味は動物系・魚粉系、そして焦がしラード風味の旭川風。

ただ意外とあっさりしていて最初はちょっと物足りなさも感じますが、食が進むにつれてこれがちょうどいい感じになりどんどんスープを飲みたくなるのが不思議ですね。

結局は美味しいってことなんですね。

麺は中太のやや縮れとでもいいましょうか、茹で加減も適当。最初はスープの絡みもイマイチかなって感じますが、スープの濃さがしっかりと麺の味をカバーするようになりちょうどよい組み合わせとなってきますね。

トッピングはシンプル…ネギ、そしてひょっとして自家製?と感じてしまう妙な味付けのされていないメンマ、そして昔ながらのスタンダードな味ながら歯応えもありスープとの相性も良いチャーシューも大柄で美味いですね!

ってことで、確かに旭川ラーメンの様相を呈する味、後になってじわじわと旨味を感じるあたりがリピーターが多く高い評価を得ている由縁なんでしょうね。

岡持ちも店内に置かれていて出前もやっているようで地元にも根付くいいお店でした!

北龍
 札幌市清田区北野1条1丁目6‐45
 ☎:011-882-2016
 営業時間:10:00~20:00
 定休日:第3日曜

URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト