FC2ブログ
2016/05/04 Wed 07:51 野球
シーズンを通して負けていい試合などない…

しかし負けた試合の中で勝てなくてはならない試合はある。

先日の「谷元の18球」の試合に続き、昨日のHawks戦もシーズン終了後に振り返った際、その試合の1つに数えられるでしょう…

来日以来13連勝のバンデンハークに対して淺間がプロ入り初アーチで先制、さらにレアードの2本のアーチと相手のミスに付け込んで4点を挙げ…

投げては7回終了まで有原が毎回走者を背負いながら無失点に抑え、正直勝利を確信していたファンも多かったはず…

バンデンハークの連勝を止め、首位Hawksに勝って、チームのムードも一気に上げ潮ムードになるはずだった!

しかし8回から試合の流れは一気に変わる…というか今季の課題が一気に噴き出した…

有原が作ったピンチとは言えそれを守り切れないセットアッパー:マーティン。

フォークの制球が定まらず、ストレートを狙い打たれるクローザー:増井。

相手:内川とは対照的、チャンスに三振で凡退、機能しない4番:中田。

終盤、内川・松田に5打点と、一度打たれた相手にリベンジできず返り討ちに遭うバッテリー。

こんな課題を予め想定してか、8回表無死1・2塁で4点差がありながら高田に犠打を指示した工藤監督の采配がこの試合のターニングポイントだったのかもしれませんね。

それにしても本当にHawksの層が厚い救援陣、チャンスに強い打者が羨ましい(泣)

ってことで開幕から1か月が過ぎ30試合を経過…気が付けばシーズンの20%が過ぎています。

不調に喘ぐ選手の自己回復力を信じるのも結構…しかし一方でそろそろ別な対策も考えなくてはならない時期。

選手起用に関して「我慢」「拘り」もそろそろ程々に…むしろ「勝ちに拘る」ことは大歓迎ですが!

Hawksから5ゲーム差の借金2…今日・明日の試合でリベンジ必須です!



第30戦 福岡ソフトバンクホークス(5月3日 札幌ドーム)


  4-5(延長10回)  寺原  井口  なし
                淺間 レアード×2 松田


 増井(-3)
防御率7.84、被安打率3割5分超、与四球率も6.1とクローザ
ーの数値に非ず…元々球種がない中フォークが使えない現
状で更に制球難とあっては何のウリもなく…早急な対策要!

 井口(-1)
完全に流れがHawksに移っている中での登板…思いっ切り
の良さももちろん大事だが、調子に乗る松田が相手だけに
慎重さも欲しかった…プロ初黒星をバネに次こそは初白星だ!
スポンサーサイト