FC2ブログ
2016/05/05 Thu 08:33 野球
昨日のHawks戦…4時間45分の熱戦(?)の末、結果的には引き分け。

試合終了後の両チームの選手の表情をご覧になったでしょうか?

Hawksナインは笑顔、Fightersナインは俯いた表情で足早にベンチを後に…

今、置かれている立場からしてもそれはそうでしょう。

で、昨日の試合を見ていて感じたのは、やはりその選手が任された責務・役割をどれだけ全うできているかの違いがHawksとFightersでは大きく違うなってことですね。

例えば4番、例えば救援陣、さらには途中出場した控え選手…

それは単なる力量だけでなく、気持や自信の面での強さもHawks選手にはあるのでしょう。

今年のオフに某スポーツ新聞にFightersから移籍した選手が、今在籍するチームの立場からFightersを見てどう思うかという企画がありました。

その中で現在Hawksにいる鶴岡捕手が…

「上下関係や精神論的な泥臭さ含めて、Hawksには昔気質の厳しさがある。Fightersも昔はそんな空気があったが今はどちらかと言えばスマートに楽しく野球を行う友達感覚」

のようなことを言っていました。これを読んだときには時代によってやり方も変わるんだからと思っていましたが、いま改めて顧みると根底にはこの感覚の違いが本番で役割を全うできるできないの差になっているのではと思ってしまいます。

実際のところでFightersはどうなのかは分かりませんが、稲葉・マック、さらには中嶋が抜けた今、その役割を果たすのは中田・陽辺りになってくるのか…

まぁ昨日は榎下の力投もあり何とか引き分けに持ち込んだとプラスに考え、借金も2のままってことで今日の必勝に期待しましょう!

ここ2試合でホームランは7本出ていますがソロが6本、また10得点のうちホームランの8打点を除き打点は1点(しかも内野ゴロ)と打線は繋がっていないんです。

今日の先発は加藤…当然ながら序盤での打線の大きな援護が必要であり、増井も降格して火の車の投手陣を救うべく長いイニングを投げてもらうには猶更打線の奮起が必要!

そのキーマンはもちろん中田、さらに西川とこの2試合、チャンスに凡退している2人がどれだけリベンジしてくれるか?

で、今日、参戦してきます!



第31戦 福岡ソフトバンクホークス(5月4日 札幌ドーム)


  6-6(延長12回)  内川 陽 中田 中村晃 大谷 レアード


  マーティン(-1)
 再調整降格の増井に代わりクローザーを任されたものの2つの
 ボークから自滅で痛い失点…日本のボークの厳しさへの対策
 は?完全救援率.357の不安定さに対しても変革を期待したい…

  榎下(+1)
 流れがHawksに移りそうな延長に入って3イニングを毎回ピンチ
 を背負いながら無失点で凌いだのは大きい!火の車の救援陣を
 救うためにも次の登板では今季初登板以来の完全救援を果たせ!
スポンサーサイト