FC2ブログ
2016/05/19 Thu 06:33 野球
昨日は場所を福岡のヤフオクドームに場所を移してのHawks戦…

吉川と和田の両左腕の先発、両者ともに上々の立ち上がりの中、吉川は今宮、松田に高く入った直球をスタンドインされ、一方和田に対してFighters打線は大谷・中田の連打で1点を返す拮抗した展開。

5回も満塁のピンチを招いた吉川をこのイニングでキッパリと交替、その後高梨も6回に満塁のピンチを凌ぐも7回に登板した井口が1死2・3塁から福田の代打:城所に痛い3ランを浴びて万事休す…

城所は9年ぶりのプロ2本目のアーチで…Hawksベンチは蜂の巣をつついたような盛り上がりぶり!

しかしその後、城所に替えられた福田がベンチで俯いて悔し涙も流し、藤井コーチに宥められるシーンがありました。

このハングリーさというか闘争心というか…正直Fightersで見られない光景ではありますね。

もちろん内に秘めているものは控え選手にはあるでしょうし、それを外に表現するかどうかの違いもありますが…逆に正直な気持ちをあのように出しても違和感のないチームの雰囲気もあるのでしょう。

ここにHawksの強さの源を見たような気がしましたね。

ちなみに福田はこの日は代走出場、ここのところやや不調気味でもあるところですが、ここで城所かぁと正直思いましたが…工藤マジックに感服です。

ってことで、この試合では大谷の6試合連発はならずもいい当たりもあり、中島は猛打賞、近藤のファインプレー、西川のアーチと見るべきところもありました。

今日は加藤がスクランブル先発…っていうか確実なローテ入りを目指して我武者羅に攻めろ!



第42戦 福岡ソフトバンクホークス(5月18日 福岡ヤフオク!ドーム)


  2-6  和田  吉川  なし
        今宮 松田 城所 西川


 井口(-2)
四球から2ベースで招いたピンチから城所に膝元の緩いカーブ
をライトスタンドに運ばれこれが致命傷に…やはり走者を背負っ
てからの投球が課題だが思い切りの良さを失うのだけはNG!

 吉川(+1)
すっかり100球肩になってしまったのかここのところ5回・6回で
捕まるケースが多い…その背景にはやはり制球力の不安定さ
もありこの日も甘い直球に2発食らう…左腕の柱、完投目指せ!
スポンサーサイト