FC2ブログ
2016/08/02 Tue 06:29 ラーメン
今年の3月半ば、新年度も近づく時期、多分に漏れず我が家でも色々と入用があり、この日は札幌駅界隈、さらにはお馴染みの東苗穂ショッピングモール等、何箇所かのお店を巡ります。

ある程度時間を要することを想定して朝の早い時間から出発していて何店舗かは意中の品がなければとっとと撤退なんてこともあったので想定より早く昼くらいで買い物は終了。

で、帰宅の前に昼食でもってことで娘の要望で餃子が食べられる店がその対象になりました。

そうなると大手チェーンのお店かとも考えましたが、東苗穂に来ているってこともあり北24条にある嫁さん馴染みの中華料理のお店に久々に行こうとの声が上がり、今回はそのお店「熊猫」さんに向かうことに!

東苗穂からは宮の森・北24条通りを北上、お店もこの通り沿いにあります。

日曜の昼下がり、最初は店内にはお客さん一組だったのでピークは過ぎたかなって思っていたら、その後にご老人お一人、家族連れ、カップルに大学生風の男子グループ、労働者の皆さん^^;等、千差万別な客層であっという間に店内は満席に近い状態へと変わります。

で、いずれのお客さんもお馴染みなんですね…今日はビールはいいのかい?とかそれこの前も食べたんじゃない?とかネギ抜きでいいかい?とか客毎のカスタマイズもバッチリなんですね。

で、我々の方ですが娘は餃子定食、嫁さんは麻婆湯麺、で私は当初定食系をと思っていたのですが嫁さんがラーメンに走ったこと、さらに日替わりラーメンの張り紙がありそこに書かれていた「辛辣パンダ麺」(¥730(日替わりラーメン価格⇒通常時は830円))に心を奪われてしまい注文となります。

熊猫

パンダ麺は広東麺風のラーメンでこのメニューはその名の通り辛いバージョンになりますが、スープはベースが醤油スープなのでしょうか、そこに醤油仕立ての中華餡にラー油等の辛味とフライドガーリックを混ぜたとても香ばしくもあり、またコクもあるトロ味がたっぷりとかけられていて美味しい!

辛さはありますが痺れるようなものではなくしっかりと麺や具材を味わえますし、湯温もそんなに熱くなく汗を軽くかく程度です。

麺は中太でストレートに近い感じ。それでもこれだけのトロミですからスープなどが絡まないわけはなく茹で加減もギリギリの柔らかさでいいバランス感ですね。

トッピングは当然たっぷりの充実感!フライドガーリック、ニラ、白菜、人参、ウズラ、バラ肉、筍、玉ねぎ…それぞれがしっかりと味付けされている一方、それぞれの旨味もスープにしっかりと滲み出て浮いた素材がなくこちらもいいバランス感です。

ってことで普段あまり中華料理屋さんには行かないのですが、こういうお店のラーメンもラーメン専門店とはまた違った味わいを感じさせてくれますよね!

ましてこれだけ雰囲気のいい店であればおのずと足が向いてしまうもの…また来たいですね!

★ 過去記事
 
ラーメン日記<67> 中華食堂 熊猫」

スポンサーサイト