FC2ブログ
2016/10/24 Mon 06:40 野球
日本シリーズは広島での1・2戦が終わった…

初戦に続き、昨日の第2戦もFightersらしさは何も見せることはできず…

決して立ち上がりから好調とは言えないCarp先発陣にあと一本が出ず残塁の山を築いた打線…

緊張感と球場の異常な雰囲気に何とか立ち向かうもちょっとした守りの綻びを突かれ失点、陥落してしまう投手…

そして…

昨日は主審の度重なる誤審にリズムを狂わされ、最後はビデオ判定にて判定が覆り失点を喫し試合の流れはFightersに戻ることはなく…

本当にこういう大事な試合での誤審は勘弁してほしい…

初回から特に低めの球に対してはストライク、ボールの判断が定まらず、テレビ解説者に「審判も緊張しているんですね」とまで皮肉られて…

そして6回のホームでのクロスプレーはタッチをしていないのか、それともヘルメットに触れていたのか、それはわからない…

ただ主審から見て真正面でのプレーだったし、死角もなかったはずで…一体何を見ているのか、せっかくのクロスゲームが台無しになってしまった…

奇声を発して個性を訴えているようだが、逆に審判にそんな個性は不要!精度の高い判定を個性としてほしい!

はぁ…

とにかくCarpの勢いだけが結果として残った広島での2戦…まさかHawksとのファイナルステージでの激戦で燃え尽きてしまったわけではないでしょうが、もう開き直るしかないですね。

残念ながら札幌での胴上げもなくなりましたが、ファンへの罪滅ぼしには、残り試合での4連勝しかありません!

明日は有原と黒田の先発でしょう…黒田には申し訳ないですが、勝たせてもらいます!

そのためには打線が繋がるきっかけ…ラッキーボーイが欲しいですね。

で、明日・明後日と参戦してきます!




日本シリーズ
 第2戦 広島東洋カープ
(10月23日 MAZDA ZoomZoomスタジアム広島)


  1-5  野村  増井  なし

        エルドレッド

  増井(±0)

 先発に転向後、走者を背負っても自分のペースで投げていたシー
 ズン中の姿はそこになく、むしろ救援を担っていた頃の球の暴れ方
 に戻っていた…誤審にも悩まされたが、リベンジの場はあるのか?

  陽(+7)
 この2試合ノーヒットで4三振…チャンスで凡退するなど打線を寸断
 し昨日は途中交代となる…4年前のシリーズを知る数少ないプレー
 ヤー、中田と共に打線を牽引して欲しい…無論FA等言ってられぬ!

 ※ クライマックスシリーズではポイントを3倍にしています!

スポンサーサイト