FC2ブログ
2017/01/27 Fri 22:49 ラーメン
昼間の試合は見事に勝利!優勝に向かってまた一つ前進し、気分もご機嫌であります!

熱い応援で大いに汗もかき時間にして夕刻時…気持ちも大きくなってここは一つ、一風呂浴びようかってことで家族に提案!

残念ながら上の娘はアルバイトで離脱も代わりに嫁さんのお母さんに声を誘ってGoサイン!

で、向かったのは二十四軒にあるお馴染みのスーパー銭湯の「花ゆずき」さん。

着いたのは20時過ぎ、この時間にあまり来ることはないのですが、いつも来ている午後・夕刻に比べてむしろ混んでいます!

若い世代も多いですねぇ…そういえば自分も学生の頃、飯食って一段落してから友人と連れ添って銭湯とかいったなぁ。

時代は変わってもそういうノリって変わらないんでしょうね…

さて一風呂浴びたのち施設内にあるこちらの店で夕食も取ってしまおうってことでメニューを拝見。以前よりやや種類も減った感もある中で期間限定メニューに目が行きます。

自分が確認する前に嫁さんから「当然、これなんでしょ?」と指定されたのが「台湾拉麺」(¥700)…

風呂上がりに激辛系かぁ…汗腺全開で汗だくとなるのは目に見えてるなぁ、でもここはラーメン好きとしてそう言われては引き下がれず「当然!」と宣言しオーダです。

和 

スープですが、本来の台湾ラーメンのような豆板醤をふんだんに使って辛味たっぷりの挽肉が添えられ…

というイメージではなく醤油味をベースに豆板醤が多く散りばめられた辛口ラーメンに近いかな?

が、ただの辛口ではなく風味は台湾風の味付けです。

麺は中太縮れ麺。本来の台湾ラーメンだと細ストレート麺が多いですが、そこはベースが札幌ラーメンですから仕方なし。

もちろんこの麺が合わないということではなく、むしろ辛味のスープを絡んで札幌ラーメン的な麺の味もちゃんと確かめることはできますね。

トッピングはさらに辛味を増させる糸唐辛子が丼の中央にたくさん盛られてます。

炒めた挽肉、ニラにモヤシ、細く切られた青梗菜が中華風味を引き立てます。そんな中でひっそりと小ぶりのチャーシューが札幌ラーメン的な主張。味も控えめって感じですね(笑)

ってことで札幌近郊の日帰り温泉の御食事処としては開店当時から頑張っているこのお店、今回の企画のように色々な工夫で入湯客を喜ばせてほしいですね!

★ 過去記事ラーメン日記<231> お食事処 和(その4)
      「ラーメン日記<216> お食事処 和(その3)
      「ラーメン日記<47> お食事処 和(その2)
       「ラーメン日記<22> お食事処 和(湯処 花ゆづき)
スポンサーサイト