FC2ブログ
2017/04/25 Tue 10:27 ラーメン
2016年も12月を迎えお酒を頂く機会も多くなりました。

この日は忘年会ではないのですが本社からのお客様を迎えて狸小路のとあるお店で懇親会。

大いに盛り上がって、このお客様と付き合いの長い私の上司は「次行こう!」っていう勢いですが、貧乏なサラリーマンとしてはこの日1次会で帰るとハナから堅く心に誓っており…

本来であれば上司たちが歩き出した方向が私の帰路でもあるのですがそれでは明らかに自殺行為であり、あえて反対方向に歩み始め…

さらに上司たちはすすきの駅近辺での飲みが想定されるためここを大きく迂回し中島公園から地下鉄に乗ることとして…

で、しばらくは西6丁目通りを南下していましたが南6条辺りで東に折れ駅前通りに合流。

この辺り「天一」や「T」さん等のラーメン人気店があるエリアですが、ここに今年の6月に新進気鋭のお店ができたことを思い出し、豪雪・悪路の中を歩いてこなれた小腹を労うべくお洒落な佇まいのお店の暖簾をくぐります。

そのお店は「すすり」さん。小気味よいジャズが流れ白を基調にした色合いと照明でカウンター席のみ作られたお洒落な雰囲気の店内です。

入店時には異国のご家族3人連れのみのお客様でカウンターの末席に案内されますが、その前に入口の券売機にてチケット購入。

今回はトップメニューのグレードアップ版の「特製淡麗中華そば」(¥840)、そして合わせ技で「追肉飯」なるチャーシュー飯をオーダです。

すすり 

スープはその名の通り、淡麗系の白湯ベース。化学調味料は使わない所謂「無化調」で添加物も最低限に抑えられた見た目の透明感も高い醤油味。

あっさり系の鶏ガラの旨みとたまり醤油の味が旨く整合が取れていて醤油の味がかなり強調されますね。

濃い口醤油のそれとは違いますがかなり濃い目の醤油味が感じられます。

麺は細ストレート麺。道産小麦100%で練られた自家製麺とのことです。やや硬めの茹で加減が濃い目の醤油味とうまく絡んで個人的には大好きな味・組合せですね!

トッピングは6種。ネギ、ミツバ、長目ながら柔らかい穂先メンマは無駄な味付けがされておらずいいですね!

そして「特製」のみ載っているゆで卵、黄身は半熟ながら全体に特に味付けはされていないのが逆にこのスープとよく合って美味い!

さらにチャーシューも2種。丼の中央にバラの花のように盛られた豚肩ロースのレア目のチャーシューは個性的で美味しいですね!軽く味付けもされていますが醤油味のスープにもよく合いシャブシャブチックな味わいとも感じられます。

そしてもう1つは鶏チャーシュー。やや淡泊気味くらいの味わいがこのスープには合いますね!歯ごたえも適度にありいいです!

ちなみにこのレアチャーシューが醤油味のジェルとともにご飯に載った「追肉飯」も一緒に注文しましたが、濃い目のスープをかけて頂くのがジャンキー感もあってVery Good!!

ってことで様々なチャレンジ性と真摯に美味しさを求める探求心に好感が持てます!

 自然の恵み すすり
 札幌市中央区南8条西3丁目7‐40
 ☎:011‐513-0446
 営業時間:11:30~22:30
 定休日:月曜
 
 URL:susuri.jp/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト