FC2ブログ
2017/04/27 Thu 06:56 野球
結論から言うと12年ぶりの10連敗。

初回、いきなり先発の村田が捕まり4点を奪われ劣勢の中で早くに追い付こうと必死になるも空回りしての敗戦。

# ちなみに昨日のファームの試合でもゆーき君が同じことやってましたが…

この連敗中、何度この展開で敗れたことか…もちろん初回に捕まる先発投手の出来がその要因ではあるのですが…

一方で昨日の試合で個人的に1つのポイントがあったと思います。

4点を奪われた翌2回、先頭の中田が復帰後初のヒットで出塁。しかし後続の打者が三振や捕飛と凡退でチャンスを広げることすらできず…

ここで思い出したのが昨年のGWあたりのHawks戦での工藤監督の采配…ここでも取り上げたと思いますが4点の劣勢の中、8回でも無死の走者をバントで送り結果逆転勝ちへと繋がったのです。

一気に4点差を追いつきたい気持ちも分かりますが、まだ序盤であれば少しでも先の塁に走者を置いて揺さぶりを掛けつつ1点ずつ返していく戦法も必要では?

なのであの場面は中田の後の賢介が送りバントでも良かったのではと思います。

ってことで56歳を迎えた栗山監督、この意見どう思いますか?(笑)

昨年のクライマックスシリーズ最終戦で見せた4点ビハインドからの積極的采配、今のチーム状態にはあれくらいの喝が必要だと思います。

さぁ今日も福岡でのHawks戦、難敵:バンデンハークにいかに打線が先制するか?

一方、Fighters先発:加藤も決して先制点は許さぬ粘りの投球が求められます。



第22戦 福岡ソフトバンクホークス(4月26日 福岡ヤフオク!ドーム


  1-4  東浜  村田  サファテ
        今宮 デスパイネ レアード


 村田(ー1)
 初回、今宮のアーチ、そして柳田への四球で調子を崩したか…簡単に
 ストライクを取りに行き過ぎそれがやや甘く入りあっという間の3連
 打で3点を追加され…その後粘りの投球を見せただけにそれが課題…

 田中賢(-2)
 走者を置いた場面で送ることも続くこともできずむしろ併殺でチャンス
 を潰す場面も…彼の不調がチームの不調に繋がっている側面はあるでし
 ょう!こんなときだからチームリーダーとして独自判断で動いて欲しい!
スポンサーサイト