FC2ブログ
2017/05/31 Wed 07:05 野球
昨日から交流戦スタート!

まずはBaystarsを札幌ドームに迎えての最初のカード…Fightersは左のエース:加藤を擁して「交流戦反転攻勢」に臨みました…

が、初回この日昇格のBaystars:白崎@岩見沢出身にレフト線ギリギリの2ベースを打たれ2点を先制される…

その後加藤は6回まで3失点で抑えたものの…序盤の劣勢を覆せずそのまま敗れ去る展開が多い今シーズン…この日もあと一本が出ない展開。

8番に入った石井一、そしていつものように4番。

この悪い流れ、Fighters打者のライン際の打球はファールに、フェンス際の打球はインフィールドに戻り、Baystarsはその逆というシーンが何度か見られ、ツキのなさも感じられ…

Baystars4番:筒香もかなり苦しんでる感がありましたが、Fightersも浮上のきっかけはやはり中田。

前後の近藤、レアードが好調なだけに猶更「穴」と感じてしまう…ここ10試合で3割を超える打率のようですが、その数字を額面通りに評価するファンは1人もいません。

敗戦濃厚の場面でヒットが出ての3割より、打率2割でもチャンスにヒットが出る方が4番としての価値があるというもの…

これで本拠地3連敗で再び5位に転落…ちなみに今日以降さらに3連敗しEaglesが3連勝すると6月上旬で早くも自力優勝も消滅するという屈辱になります。

大谷の穴は確かに大きい…しかし昨年の日本一チームとして今一度褌を締め直し我武者羅に勝ちにいかなくては…

今日の先発はゆーき君と熊原の背番号1投手対決…ゆーき君の我武者羅感に期待です。



第47戦 横浜DeNAベイスターズ(5月30日 札幌ドーム


  0-3  濱口  加藤  山崎康
          なし


 加藤(±0)
 前回に続いて6回まで3失点で味方の援護のない中での投球は可哀想
 な面もある一方3回以外は毎回走者を許すリズムの悪さもあり…持ち
 味の右打者へのストレートも決して悪くなかったが立ち上がりがカギ!

 石井一(+1)
 2度のチャンスにあえなく凡退…試合の流れを引き寄せることができ
 ず…同じルーキーの濱口相手に沈黙で途中交替。交流戦後半には中島
 も復帰もあり守は無論、打のアピールがなければレギュラー危うい…
 


【マジック情報】
楽天ロゴ位以上 M78
ソフトバンクロゴ     位以上 M78
ロッテロゴ 3位以下 M78

スポンサーサイト