FC2ブログ
2017/05/02 Tue 16:21 ラーメン
2017年、1月も後半に差し掛かろうとしていますが…なんとまだラーメン屋さんに訪れていないのです!

何度か外食はしていましたが、何故かラーメン以外のお店・メニューが選択されることが多かったんですよね。

自分も変に意地になって自分からは「ラーメン食べたい」とは切り出さなかったのですがもはや限界^^;

で、日曜の昼食の話になった際、とうとう自分から「そろそろラーメン食べたい」と切り出し…その辺り、嫁さんも察知していたようで二つ返事でOK!

午後からの予定もあったので近場で探そうってことで白羽の矢が立ったのが中の島の人気店「飛燕」さん。

駐車場も台数が限られ、そしていつも店の前に待ち行列ができているので、まずは行ってみて混んでいたら別な店にしようってことで取り合えず向かってみると…

幸運にも駐車場は1台空いていて、店の前に行列はなく、店に入ってもテーブル席が空いていて全てスムーズに運んでくれました。

さてオーダですが、限定メニューで「鶏ボナーラ」なる汁なしソバやつけ麺等もありましたが私の拘りはあくまでもラーメン!

以前来た時の注文を調べるのを忘れてたので、まだ食べてないかなって記憶で選んだのが「濃厚醤油」(¥780)

が、実はこのメニュー、以前も一度紹介しているのですが、これだけ通っていればもはや重複も仕方ないでしょう。

次回以降はまだ食べていない塩味をチョイスするようにいたします^^;

飛燕

スープは白湯ベースのまったり感ある食感にニンニクと鶏湯がミックスされてとってもコクと旨みを強く感じさせてくれる味に仕上がっています!

決してショッぱいってこともなく食べた後も旨みがしっかり口に残るいい余韻!ぜひ次は塩も食べてみたくなりますね!

麺は細ストレート麺。形状的には冷や麦に近い細さではあり、どちらかと言えば茹で加減も柔らかめに感じます。

しかし普通ならやや物足りなさを感じるかもしれないところをスープがしっかりとサポート!

麺の外側をしっかりとスープがコーティングし一体化で味合わせてくれているような感じ。もちろんスープも麺自身も美味しいから成せる技ですね!

トッピングは7種、最後にスープを飲み干すまでその香ばしさを主張し続ける刻み玉ねぎ、そしてシャキシャキ感を失わないネギ、さらに麺と一蓮托生ですと言わんばかりの糸唐辛子。

地味ながらコリコリ感は濃厚なニンニクスープへの箸休め的な存在になる刻みキクラゲ、チャーシューも炙り風味が香ばしさ豚肉と独特の味が濃厚なスープに対して効果的な鶏肉の2種、そんな個性派の中でやや海苔さんは存在感が薄いかな…

ちなみに嫁さんが食べた限定メニューの「鶏ボナーラ」も明らかにパスタ風味ながらちゃんとラーメンであることを感じさせ…

ってことで決して今回も裏切ることはなく再訪必至!


★ 過去記事「ラーメン日記<429> 我流麺舞 飛燕(その5)」
      「ラーメン日記<400> 我流麺舞 飛燕(その4)」
      「ラーメン日記<297> 我流麺舞 飛燕(その3)」
      「ラーメン日記<269> 我流麺舞 飛燕(その2)」
      「ラーメン日記<58> 我流麺舞 飛燕」

スポンサーサイト