FC2ブログ
2017/05/08 Mon 06:22 野球
6連勝、そして2カード連続3タテをかけての昨日のBuffaloes戦。

結果的には8人の投手を投入しながら力尽きてのサヨナラ負け…勝てる要素は十分にあった試合でしたね。

ただそれぞれの、その場面での役割を果たさなくては、相手のミスを待つしか勝機はない…

先発投手が最低限、責任回数を投げて試合を作ること。⇒メンディ

送りバントを確実に決めること。⇒松本

中軸がチャンスでしっかり走者をかえすこと。⇒中田

控えの選手も出場機会に結果を残すこと。⇒榎下

特に松本、中田…同じことを何度繰り返しているのか?松本は確かに3回中2回はバントは成功させているのですが、逆に言えば最大のチャンスの時に失敗しているので…

このような基本的な力が醸成されなければ優勝戦線で戦い抜くには程遠い…っていうか参加することもできない。

明日からの札幌ドームでのLions戦で再び戦力と勢いを整えて5月攻勢の再開を!



第31戦 オリックスバファローズ(5月7日 京セラドーム大阪


  3-4x(延長12回)  赤間  榎下  なし
              田中賢


 榎下(ー1)
 自分に出番が回ってくると考えて準備をしていたのか?勝ちのない中
 での登板は確かにモチベーションも上がらないかもしれないがそんな
 ことを言える立場にはない!そんなアピールの機会で輝かなくては…

 中田(±0)
 確かに四球やヒットで出塁している面もありますが真の4番の仕事は
 そこではない!三度のチャンスでいずれも凡退…チームの勢いも士気
 もやはり削がれてしまう…悩める4番、今年も暫くファンも忍耐要…