FC2ブログ
2017/05/13 Sat 07:33 野球
昨日から東京ドームに場所を移してのWE LOVE HOKKAIDO 2017!

復帰から2戦目の浦野がMarinesエース:涌井と如何に投げ合うかがカギ…

と思われましたが試合は一方的、いやそれ以上の記録的なワンサイドゲーム(15点の得点は7年ぶり)となりました。

2回の大田の先制に始まり、3回は近藤・レアード、4回に西川、そして5回はレアード、大田、中田と7発のアーチが飛び出した!

1試合7アーチは球団タイ。延長を含めれば1971年(東映フライヤーズ)以来46年ぶり、9回では何と1950年(投球フライヤーズ)以来67年ぶりの歴史的記録!

で、いずれもMarinesの前身球団が相手('71:ロッテオリオンズ、'50:毎日オリオンズ)っていうのも面白い!

さらに’71の際には延長10回に5本飛び出し、’50の時には11ー23で試合は敗れているというこれまた面白い記録ですね!

ちなみに6本のアーチを浴びた涌井はパ・リーグワーストの記録となりました…

先発:浦野も大量得点に守られ快調なピッチングを見せ7回を1失点で投げぬいた!

その後、この日昇格のエスコバーも球数を要しながらしっかり抑えて光明あり!

この日Marinesはホームランで沈んだとともに、エラーや走塁ミスでの自滅も目立った…

Fightersも石井一のエラー、さらには岡に走塁ミスがあり…

特に岡はどうしたんでしょうねぇ…打席にしても来た球を振ってるだけで創意工夫が感じられない…

この日2本のアーチを放ったライバルの大田にはやや水を開けられた感があります。

さぁ今日も有原で勝ちましょう!得てしてこういう試合の次の日は打線が湿りがち…だからこそ有原への期待も大きい!



第34戦 千葉ロッテマリーンズ(5月12日 東京ドーム)

  15-1  浦野  涌井  なし

        大田×2 近藤 レアード×2 西川 中田

 浦野(+2)
 豪快なアーチばかりに目が行く試合、しかし試合をしっかり序盤から
 作っていた浦野の投球があってのもの!7回を散発4安打1失点、緩
 急・コースを巧く駆使しての快投!次は9回を投げ抜くペース配分!

 大田(+2)
 初回・5回と自身初となるマルチアーチを古巣:東京ドームで放った
 のも何かの縁か?狭い球場とは言え自身の強味を如何なくアピールして
 くれました!が、まだまだ安定感は低い…中軸を脅かす打撃を見せろ!
スポンサーサイト