FC2ブログ
2017/06/20 Tue 07:44 カレー
3月の3連休、前半の2日間は久しぶりに自分の母親も連れての登別温泉ツアー。

到着日の夜、そして1泊しての朝とがっつり食べて…なので初日は夜に備えて昼食は控えめ、そして2日目の昼食は腹一杯でパスするありさま…

2日続けていい加減な昼食、そんな状況を察知したのか連休3日目の昼食は嫁さんがラーメンでも食べ行く?と気を利かせてくれました。

ジムで汗を流した後、他の買い物の都合もあり石山通を南下しながら模索。当初は藤野にある「Y」さんを目指しましたが、「そう言えば…」との嫁さんの声。

この先簾舞付近のカレー屋さんの情報を友人から仕入れたとのこと。久々にカレーなる旅もいいかってことで向かったのは「カラバトカレー」さん。

さすがの人気店、駐車場も満車、しかし店内には待ち行列は内容で単に駐車場が足りないのかと思い嫁さんが他に停められないか確認に…

が、実は待ち行列がないわけではなく別な場所で待ってるお客さんが数組いて席が空いたら電話連絡しているとのこと。

とはいえ10分くらいで入店できるとのことでそのまま待ちへ…実際に10分弱で店内へ。

カウンターとテーブル席からなる明るい雰囲気の店内はもちろん満席。我々はテーブル席に案内されます。

メニューを見るとパキスタンの名前が…ひょっとしてマスターはパキスタン人?カーテンで仕切られた厨房の奥にいらっしゃるようでなかなか姿が見えませんでしたが…結局日本の方でしたね^^;

ただパキスタン料理に魅了されてこのお店を始められたのは間違いないのでしょう…で、他に女性スタッフ2人がフロアを担当、非常に好感の持てる応対です。

オーダですがその1種類のみの「パキスタンカリーセット」をライス中盛(¥880)でオーダします!

カラバトカリー カレー

カラバトカリー セット 

最初にサラダが運ばれてくるのですが、キャベツ、玉ねぎ、春雨、キクラゲ、ニンジン、キュウリとなかなか面白い組み合わせの取り合わせ。春雨とキクラゲが面白いですね!

さてカレーの方ですがいわゆる「無水カレー」…すなわち水を足すことなくトマト、生姜等の野菜と鶏肉をじっくり煮込んで塩とスパイス系だけの味付けと何かしらのオイルで作られたルーとなります!

辛さもそれなりにあるのですがトマト等の酸味とやや薬膳系風味とも言えるスパイシー感がそれを感じさせません。

で、素材となっている鶏肉は筋状かつかなりの柔らかさでいい味を出しています。

あとは生姜のスパイシーさも味を引き立てていますね。

ライスも適当な硬さの白米で美味しい。

今回は茶碗●杯分の中盛としましたがいやぁこれなら大盛りでも行けるって感じで自然にどんどん食べらさる美味さです!

ちなみに食後にはチャイが登場…

カラバトカリー チャイ 

甘くてスパイシーの二刀流、シナモンとか入ってますかね?

ってことで味は1種類ながらも癖になる味って感じで…再訪必至のお店です!

 カラバトカリー
 札幌市南区藤野2条12丁目6-1
 ☎:011‐596‐1117
 営業時間:11:30~21:00
 定休日:水曜・第一日曜
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト