FC2ブログ
2017/07/20 Thu 06:03 野球
久しぶりに平日のナイターに参戦!サマータイム中の会社の帰路、真っ直ぐドームに向かいますがこの日から始まった「北海道シリーズ2017 HOKKAIDO be AMBITIOUS」スタメン発表のVには間に合わず…

それはともかく…昨日の試合、序盤は岸と上沢の投げ合い…というか優々と三振を奪いFighters打線を沈黙させるEagles:岸に対して、何とか粘りの投球で最少失点で食らいついているFighters:上沢の対照的な内容。

しかし試合としてはしっかり作れてましたから、見ている方も気持ちを切らさず楽しめていたのですが…

疲れの見えだした6回、ウィーラー、銀次の連打で無死1・3塁のピンチ。

2死まで行くもこの日初めての四球をここで許し満塁に…球数が100球に近づきそれまで決まっていたフォークが見送られるようになり、スライダーに決め球をチェンジ。

が、このスライダーがワイルドピッチとなり痛い失点を喫し、この回で降板。

この後投げた宮西はピンチを凌ぐも、その後の石川直がアマダーに痛いアーチを浴びて試合は決まった。

前日はペゲーロ、この日はウィラー、アマダーにホームランを浴び…いい様にEagles外国人トリオにやられてますね…

打線は岸の前に7回まで1安打2四死球の3人しか走者を出せず、さらには毎回の10三振を奪われ完全に沈黙。

8回から代わったハーマンから西川が2ランを放つも、9回は松井裕に抑えられゲームセット。

上沢はイニング初球、石川直は3-0から、いずれも外国人に対して不用意にカウントを取りに行ったストレートをスタンドインされ…まさに不用意、バッテリーに何か気持ちの隙は無かったか?

そんな丁寧さもプレーに求めたい…気になったのは岡。

打っても狙い球を定めることなく空振り、もしくはEaglesバッテリーにいいようにされ見送りでの三振、さらに守りではライトからのバックホームにおいて、中継の中田へ捕球・送球しにくいワンバウンド送球を繰り返す。

こんな雑なプレーをやっていてはレギュラーの座は遠い…自分の立場を見極めしっかり丁寧さ・正確さを求めたい。

これでチームは5連敗、7月は2勝11敗となりとうとう自力CSも消滅です。

Marinesとのゲーム差も3となり、今のチームにとっての起爆剤が何か欲しいところ…やはりそれは打線の奮起でしょうね…



第84戦 東北楽天ゴールデンイーグルス(7月19日 札幌ドーム)


  2-3    上沢  松井裕
          ウィラー アマダー 西川


 上沢(-1)
 5回まではストライク先行で無四球、ピンチを招きながらもウィラー
 のホームランの1点で凌いできたが6回に頼みのフォークもキレを
 欠き初の四球を与えた後暴投で失点…リズムは良し!後はスタミナ!

 石川直(-1)
 2点差、かつ打線は1安打に抑えられている状況で絶対に失点は許さ
 れない中、アマダーにあっけなく3ボールからホームランを浴び試合
 破壊…再昇格後、僅差の試合では計算できず…降格前と何ら変わらず…
 


【マジック情報】
楽天ロゴ位以上 M36 4位以上 M38 3位以上 M48
        2位以上 M53
ソフトバンクロゴ
    位以上 M32 4位以上 M35 3位以上 M44 
西武ロゴ   5位以上 M44 4位以上 M46
        2位以下 M49
オリックスロゴ 5位以上 M50
        2位以下 M44
日本ハムロゴ 2位以下 M35 3位以下 M38 4位以下 M47
ロッテロゴ 2位以下 M32 3位以下 M36 4位以下 M44
        
5位以下 M50
スポンサーサイト