FC2ブログ
2017/08/04 Fri 07:14 野球
昨日のMarines戦。1.5ゲーム差に迫られた中で打線では中田が6番に降格、大田を3番に上げました。

で、初回から西川の2ベースを皮切りに3安打で2点を先制!

そして先発は1か月ぶりの加藤。この加藤が今季序盤を彷彿とさせる好投を見せた!

初回以外は毎回ヒットや四球で走者を出す不安定さもあったものの要所を強気のストレート攻めなどで凌ぎ5回を0封で試合を作った!

加藤の後を宮西が受けパーフェクトリリーフで史上2人目の250ホールドを達成!

7回には黒髪に戻して改心(?)の中田がダメ押しの12号アーチ!

3点差を付けたところでマウンドには田中豊…しかし3連打を浴び無死満塁のピンチを招く…なんとか併殺崩れの間の1点に凌ぐも不安定感を露呈…

続くマーティンはパーフェクトリリーフながら、最後に登場の増井も2死から連打を浴びて1点差に迫られながら逃げ切っての勝利!

連敗を4で止めた「1,001」勝目…打では終盤のチャンスでの強硬策も気になりましたね。

例えば8回無死1塁での賢介、9回1死1・2塁での中島・西川…何も動きはなくただの強硬策で得点できず…ここでしっかり前の塁に送るとかエンドランとか動きがあってもよかったのでは?

で、終盤の救援陣の不安定さに「谷元がいればなぁ」「だから出すのはおかしいんだ!」と叫んだファンも多かったんでしょうね!

確かに谷元の電撃移籍、しかも金銭トレードは疑問視される点もあり、実しやかに「FA権取得者のオフ前の事前整理」のような話もネットを賑わせています。

が、谷元本人の立場で考えた際、どうだったんでしょうか?

確かに今季オールスターにも出場しチーム一のホールド数を挙げてはいたもののその内容は決して褒められたものではなかった。

それは胴上げ投手となった昨季から見られていた…即ち好不調の波が大きい点を課題として感じていたのではないでしょうか?

今年はチーム自体が王者として他チームのマークもきつくなり、谷元自身もかなり研究された背景もある。

そして若手の台頭は少なからず今の立場に不安も抱いていたのではないか?想いとしてはFA移籍したかつての小谷野・大引・陽のように…

そんな中で新天地、かつ別リーグ、しかも地元のDragonsへの移籍話が降って沸いた…これを渡りに船と感じたかどうかは分かりませんが、彼にとって心機一転を期すいいトリガになるのでは?

ファンのチーム批判、そして谷元の同情の声がネットで多いのは家族的な優しさのFightersファンならではと思いますが、谷元にとっては今後の野球人生を更に長く充実したものとしてもらうためのいいきっかけとして捉える目もあっていいのでは?

さぁ今日は1日お休みで明日から札幌ドームで「HOKKAIDO be AMBITIOUS」シリーズのBuffaloes戦2連戦!

今度こそ連勝で8月攻勢を開始したい!



第95戦 千葉ロッテマリーンズ(8月3日 ZOZOマリンスタジアム)

  3-2  加藤  唐川  増井

        中田

 加藤(-2)
 1か月ぶりの先発…今年序盤こそローテの軸として好投を見せるもその
 後の低調ぶりからの復活投、雪辱を期す気持ちも強かったでしょう!持
 ち前の強心臓から繰り出す直球が冴えた!再びローテの軸に復活なれ!

 宮西(-1)
 救援陣は抑えて当たり前の立場でもありなかなかこのポイントの対象と
 なり難いのですが…史上2人目の250ホールドの偉業を称え1ポイント!
 谷元が抜け改めて若手主体となる救援陣の心、そして技の面でも支えだ!
  

【マジック情報】
楽天ロゴ位以上 M24 4位以上 M25 3位以上 M34
ソフトバンクロゴ    位以上 M17 4位以上 M18 3位以上 M27
西武ロゴ   5位以上 M25 4位以上 M26 3位以上 M35
オリックスロゴ 5位以上 M40
        2位以下 M27 3位以下 M33 4位以下 M34
日本ハムロゴ 2位以下 M18 3位以下 M25 4位以下 M27
ロッテロゴ 2位以下 M17 3位以下 M24 4位以下 M25
        
5位以下 M40
スポンサーサイト