FC2ブログ
2018/03/13 Tue 06:40 野球
オープン戦、真っ盛り!

清宮が悩んでますねぇ…昨日も日大三出身の同期のライバル、Baystarsの桜井からのを含め4打席4三振、これでオープン戦は19打席ヒットなし。

心配ないと言えば嘘になりますが、まだ18歳ですから逆に今のうちにどんどん課題を見つけてそれを乗り越えていくチャンス!

当面は栗山監督も使うことでそれに順応させていく考えでしょう…あのミスターだってデビューは4打席4三振だったのですから。

長い目で見ていきましょう!

一方、投手陣に不安が残る結果にもなっているこのオープン戦、今一度昨シーズンを振り返って反省材料を活かしていこう(そんな趣旨ではなかったですが^^;)という企画…最終回3回目の今回は日本一から一転5位に沈んだ要因となるマイナスポイントが多かったプレイヤーたちです!…

1位:有原(ー6p)
2位:エスコバー(-5p)
3位:レアード、メンドーサ、上原、井口、鍵谷、
   白村、公文(-4p)


9位:岡、増井、高梨、上沢(-3p)

前年とは大きく顔ぶれが違いますね…被っているのは井口、白村ですね。

また前年はマイナスポイントの選手自体8人しかいなかったのに昨年は33人と4倍…それくらい負けたってことですね。

で、1位は有原ですか…チーム唯一の10勝投手は一方で13敗と借金3。何と言っても「瞬間湯沸かし器」の性格を克服しなければ…

今季も開幕投手の有力候補も故障で出遅れ…駒不足の先発陣に暗雲を垂れこませてしまいましたね…

2位のエスコバー、それまでの内容からシーズン当初で見切り?と思いきやBaystarsへのトレードは驚かされました。また移籍先で結果を残したのも何とも不思議…セ・リーグがあってたのかなぁ?

3位はレアードを除いて投手陣が顔を並べました。しかも上原以外は救援陣。

鍵谷、白村は「勝利の方程式」候補ながら今一つ一皮剥け切らない。性格なのか実力なのか…OP戦でもパッとしない上原、井口、公文もランクアップが待たれます。

メンディは自由契約からTigersで終盤投げるも結果解雇…功労者だけにちょっと残念。

で、レアードはホームランも当然期待ですが、やはり打率も2割5分は打って欲しい所ですね。

9位以下にはBuffalloesへ移籍の増井、そして野球を頭で行って欲しい岡、今季は復活が待たれる高梨・上沢。

ってことでオープン戦を見てもややパッとしないメンバーが多い…先日札幌ドームで檄を飛ばしてきましたが、更なる喝を入れるべく今週末、遠征してきます!
スポンサーサイト