FC2ブログ
2018/04/09 Mon 06:09 野球
ゆーき君の降格は当然(まぁ次の登板は交流戦明けくらいになるのでしょうか?)としても、代わりの昇格が大嶋が昇格したのは驚きました。

ファームでは3割超えでホームランも2本放ち好調のようで、左の代打の切札として期待が掛かる一方、彼も今季が勝負の年とも言えましょう!

そんな彼を迎えて臨んだMarinesとの第3戦…Fighters先発:加藤は初回から失点を許し、その後もヒットを打たれピンチを招くも何とか凌ぎ7回を2失点に抑える。

一方打線は初回すぐに追い付くもその後はチャンスを作りながらMarines先発:酒居を打ち崩せず再びリードされた後にアルシアのタイムリーで追いつくのがやっと。

決め手を欠く展開で今季初めての延長戦に突入、トンキン⇒石川直⇒宮西⇒西村と継投で凌ぐも11回に登板した井口が四球で自滅し3点を奪われThe End。

打線では近藤が今季初の猛打賞、アルシアも2安打を放つがその次の中田、横尾がノーヒットでチャンスを悉く潰す…

キーマンが打てなければ、そして救援陣が締めなければチームは勝てず、連勝もストップ。

まさに連勝中の中でもこの課題が完全に払拭されてはおらず、連勝が止まった今、明日からの王者:Hawks戦に向けて今一度対策を見極めて欲しい所です。

ちなみに大嶋ですが代打で11回に登場も外野フライに終わり…前途多難という感じですね…



第9戦 千葉ロッテマリーンズ(4月8日 東京ドーム


  2-5(延長11回)  益田  井口  なし
                なし


 井口(-1)
 二段フォーム解禁となった今季はフォームを元のイメージに戻して
 球威が戻ったかに思えましたが肝心の制球力が伴わなければ意味は
 なく…併せて気持ちも「ボール」に流れては救援として失格です!

 中田(-1)
 「今年はどんどん強気で振り回す」…確かに気持ちを入れ替えて臨
 むことは必要ですが一方でなかなか芯に当たっておらず…また今季
 も悩める4番で長い眠りに入ってしまうのか?自分をどう制御する?
スポンサーサイト