FC2ブログ
2018/04/19 Thu 06:47 野球
大谷がマメの影響で2回途中降板えメジャー初黒星、また2軍で調整中の市川がHawksへ金銭トレード。

何か波乱を予感させる試合前のニュース…で、試合もその通り波乱の展開に…

っていうか勝手に救援陣が情けなく自滅したに過ぎませんが…

西川の2打席連続タイムリー3ベース、中田の3ラン、近藤の3点タイムリー3ベースで8回表を終わって8点のリード。

この展開だとマウンドに上げる投手は試したい選手となるのは当然のことと言えますが、その投手があまりに情けない…

相変わらず制球力がなく、狙ったところに投げられずストライクを置きに行ってピンチを招いた上原。

1死1・2塁で中軸を迎え全くストライクが入らず3者3四球と今季まったく調子の上がらない田中豊。

このLionsに傾いた流れを全く止めることはできず3連打を浴び、勝利の方程式も形無しのトンキン。

7点を奪われ1点差に迫られたところで最後は宮西が秋山を三振に仕留め何とか逃げ切りを図りたいところでしたが…

9回表は1死1・3塁のチャンスを作りながら中島、清水が連続三振…中島には横尾を代打で送って欲しい所でしたね…

流れを変えられない中で石川直が登板…で、連続ヒットと四球で無死満塁のピンチから森に逆転サヨナラ2ベースを打たれ1死も取れずに敗戦…

8、9回の2イニングで8点差がひっくり逆転となったのは史上初のことだそうですね。

そんな歴史的な屈辱、いやせっかくFighters先発:高梨が粘投で0封してLionsに連勝で2ゲームに迫るところを逆にLionsを勢いつかせてしまい…ひょっとしたら今季の優勝争いの大きなポイントともなり兼ねない展開を招いた4投手、今後しっかり結果を出して責任は取って欲しい。

特に上原、田中豊、石川直はこれだけ登板機会を与えてもらっておきながら防御率が7点以上とは余りに情けない…

3人ともファームでリセットして欲しい…っていうかそれぞれの課題が完全に解消されるまでは二度と1軍のマウンドは踏めない覚悟で臨んで欲しい。

この教訓を活かせない様な程度の投手は1軍には要りません。

はぁ~…今日は試合が無いのでじっくり頭を冷やして明日からの久々の札幌凱旋勝利へ繋げろ!



第16戦 埼玉西武ライオンズ(4月18日 メットライフドーム


  8-9x  ワグナー  石川直  なし
            中田


 田中豊(-1)
 昨年片鱗を見せた姿は今年見られず…制球の悪さ・甘さが目立ち
 防御率も15点台。六度チャンスを貰いながらこの日は力みが先行
 しストライクが入らず3四球で壊滅…1軍で投げるレベルにない!

 石川直(ー1)
 1点のリードはありながら流れは完全にLions…が、そんなシーン
 で流れを断ち切り勝利をもたらすのが真のクローザー。単に最後に
 投げる投手位の意識ではないのか?防御率7点台、どう感じてる?
スポンサーサイト