FC2ブログ
2018/04/25 Wed 06:59 野球
2215試合連続出場の世界記録を樹立し、1975年のCarpの初優勝など「赤ヘル旋風」の旗頭の一人として「鉄人」の名で親しまれた衣笠祥雄氏が亡くなったとの訃報がありました。

死球で骨折した翌日に代打で登場、フルスイングで3球三振は今でも語り草。

あの「江夏の21球」の際、ブルペンで投球練習しているのを見てカッカした江夏にマウンドへ行って声を掛け冷静さを取り戻させたのも有名ですね。

山本浩二氏との「ツートップ」は他球団にとっては本当に脅威でしたし、長打力もありながら実は盗塁王の経験もあり足も速かった。

死球を食らっても自チームを諫め、相手投手へも逆にエールを送るほどの人格者。

早すぎる死に対し、1プロ野球ファンとしてお悔やみ申し上げます。

そんな衣笠氏の「強さ」をFightersナインにも期待したい!

昨日のBuffaloes戦、12安打を放ち5点というのはやや拙攻気味ではありましたし、先発:上沢も押し出し四球等でリードしてもすぐ追い付かれる展開…

その後を投げた西村が試合を締めました!その後、虎の子のリードを守る救援陣も四球を出しながら味方の援護もありこれを守り…

8回裏には清水のスクイズでしぶとく貴重な追加点を奪い、何とか凌ぎ切った!

圧倒的な強さではないにせよ、もがき苦しみながらも勝ったことが真の強さに繋がっていく期待を抱かせてはくれました。

今日は高梨が先発…あの「所沢の悪夢」で7回無失点ながら勝ちを消された悔しさ、今日も同じ投球内容で雪辱を果たせ!



第20戦 オリックスバファローズ(4月24日 札幌ドーム)

  5-3  上沢  金子千尋  トンキン

        大田泰×2 マレーロ

 大田泰(+2)
 初回走者を送れない屈辱を3回、4回とフルスイングの連発で果た
 しました!繋ぐよりも返すことを期待されての2番抜擢に応えた!
 熾烈な外野手争いを高いレベルで牽引することでチームも強くなる!

 清水(+2)
 セットアッパーを任された石川直が四球で崩れかけるところ相手の
 盗塁を刺し、さらにその裏はスクイズの奇襲で貴重な追加点を奪い
 チームの勝利に貢献!あとはリードとキャッチングの「強さ」を!
スポンサーサイト