FC2ブログ
2018/06/04 Mon 06:55 野球
昨日のDragonsとの第3戦。

Dragons先発はあの2007年の日本シリーズで8回までパーフェクトに抑えられた山井。

初回2つの四球を奪うも中田が併殺で倒れチャンスを潰し、それ以降は5回までわずか1安打に抑えられ、あの時の呪縛は解けず…

一方、Fighters先発は久しぶりの「サンデー加藤」こと加藤の日曜日登板。

味方の援護が得られない中で3回、昨年までの女房:大野に2ベースを浴び、アンラッキーな大島の内野安打で先制点を許す。

なかなかリズムに乗り切れない加藤は6回にヒットと四球で満塁のピンチを背負い、福田に2点タイムリーを浴び7回で降板。

8回には替わった鍵谷がアルモンテにヒット、そしてビシエドに2ランといきなり両助っ人から連打を浴びて試合崩壊。

その裏に近藤の2ランで0封こそ免れたものの、そのまま試合はエンド。

投打ともにいいとこを見せられず連敗はストップで、この日勝ったLionsと再び1差、そして交流戦負けなしのHawlsも1.5差に迫ってきました。

相変わらず交流戦はパ・リーグのチームが強く、やはりしっかり勝ちを拾っていかなくてはなりません。

ってことで今週は明日からCarp、Baystarsと敵地での試合が続きます。

この6戦、最低でもタイで乗り切って来週の札幌ドームへの凱旋と行きましょう!



第53戦 中日ドラゴンズ(6月3日 札幌ドーム


  2-5  山井  加藤  田島
          ビシエド 近藤


 加藤(-3)
 決して制球が悪いとかではないのですが決め球が決まらずヒット
 も簡単に許してしまい…調子がいい時のキレが不足しているのか
 せっかくの誕生日登板も飾れず…来週は自ら1週遅れの祝福を!

 鍵谷(-1)
 ケガからの復帰後4試合目にして今季初失点は試合を壊す痛い登
 板になりました。この4試合でWHIP1.50は救援投手としては褒め
 られる数字ではない…このままでは勝利の方程式復帰へ道程遠し…
スポンサーサイト