FC2ブログ
2018/06/09 Sat 07:11 野球
昨日から場所を横浜に移してのBaystars戦。

Baystars先発のドラ1ルーキー:東に対して初回、西川・大田泰が連続四球で無死1・2塁のチャンス。

しかし続くレアード、中田、そしてこの日久々のスタメンのアルシアが凡退し立ち上がりを崩せなかったのが痛かった。

一方のFighters先発:高梨も初回から先頭打者を出し続けるリズムの悪い展開。

3回にレアードのタイムリーで味方が先制してくれてもピッチングに変化はなく…4回に宮崎に逆転2ランを浴び、さらに6回には自らのエラーも絡みピンチを招き中川に2点タイムリーを浴びて試合はほぼ決まった…

打線も東、さらにエスコバー、パットン、そして山崎と計14三振を喫し、ヒットが出たのも得点を挙げた3回、さらに9回でわずかに5安打。

まぁ最終回、Baytarsクローザー:山崎から中田、アルシアの連打で1点を奪ったのがせめてもの救いか…

ってことで完敗の試合、こんなところでいいでしょう。

今日も横浜での第2戦。

先発は村田と濱口。いつもの通り、先制点を挙げて村田を如何に打線が援護できるかってところがポイントですね。



第56戦 横浜DeNAベイスターズ(6月8日 横浜スタジアム


  2-5    高梨  なし
            宮崎 佐野


 高梨(±0)
 6イニング中5イニングまで先頭打者を出塁させていてはリズム
 の悪さで味方の援護も得られるはずもなく…今年の悪い癖の一発
 病はこの日も発症…自らのエラーもあり自滅でチームを巻込む…

 鍵谷(-2)
 復活後なかなか調子を上げられない…この日も失点が許されない
 8回を任せれるも佐野に一発を浴びて試合はThe End。防御率5.40
 で奪三振率3.40は勝利の方程式を目指すにはまだまだその資格なし。
  

【マジック情報】

西武ロゴ   5位以上 M73      
スポンサーサイト