FC2ブログ
2018/06/14 Thu 10:59 野球
昨日のTigersとの第2戦。

Fighters先発は上沢ってことで前日の無様なゲームから打って変って締まった試合展開を期待。

3回に中田のタイムリーで「1点」を先制!

が、ここのところ先制しても1点ですぐに逆転される展開が続いていて…その嫌な予感は的中。

4回表、3連打で1死満塁とされて陽川に走者一掃の2ベースを打たれあっさりと逆転されてしまう。

しかしこの日は打線が上沢を援護!その裏、2つの四球で2死ながらチャンスを作り、大田、近藤と連続タイムリーで同点。

そして続く中田が2打席連続のタイムリーで勝ち越したのが大きかった!

で、止めはレアードの3ラン!この回一挙6点を奪いさらに5回裏には石井一の今シーズン第1号アーチがで5点差を付けます。

上沢は5、6回と先頭打者を許すも何とか無失点で凌ぎ球数も99球となってお役御免。

このまま楽勝と思いきや、今季盤石のセットアッパー:宮西が7回に4本のヒットを浴びて2失点でKO、石川直がワンポイントで火消し。

翌8回にはクローザー:トンキンが登場しいつものように2人の走者を許しながら何とか凌ぎ…

で、9回表トンキンが2イニング目?と思ったところで登場したのは何と有原!

簡単に2死を奪いながら中谷、鳥谷に連打され、代打の伊藤隼にあわや同点アーチかと思わせるタイムリー3ベースで1点差に迫られなおもピンチは続き…

が、何とか原口を三振に仕留めゲームセット。8-7のルーズベルトゲームを制し連敗は4でストップ!

宮西が打たれ最後は配置転換の有原が何とか凌ぐ…投手陣に変革の予感を感じさせつつ大きな勝利となりました!

特に有原は当面クローザー起用となるのか?その適性は昨日の登板だけで見極められないですね。

ということで激励と見極めの2つのテーマを抱き、本日参戦してきます!



第60戦 阪神タイガース(6月13日 札幌ドーム)

  8-7  上沢  尾仲  有原

          レアード 石井一

 中田(+6)
 この日も先制点、さらには勝ち越しタイムリーを叩き出す「真」の
 4番の働きを見せた!交流戦に入っての打率、打点は近藤に続きチ
 ーム2位、リーグ打点も3位に浮上!この調子永続しますように…

 レアード(+5)
 中田のタイムリーで勝ち越しムードは上げ潮の中、インハイのスト
 レートを叩きつけレフトスタンド上段へ!試合を決定付ける3ラン
 はチームの士気も大いに高めた!このままホームラン量産体制へ!
  

【マジック情報】

西武ロゴ   5位以上 M69      
スポンサーサイト