FC2ブログ
2018/07/15 Sun 15:12 カレー
3月の祝日、普段の週末同様に嫁さんは飲み会、娘は2人ともバイトでオールフリーは私だけ。

家族からも「夕ご飯にラーメンでも食べて風呂でも行ってくれば」と行動パターンをすっかり読まれている始末。

仰せの通り、この日もそのパターンで夜を過ごさせていただきます。果て今日はどちらへ?

風呂は桑園方面のスーパー銭湯系と決めていましたのでその経路上にあるお店で物色…先日、経路上と言える中央区役所近辺を走った際にそう言えばここ行ってないなぁと気が付いた店があるのを思い出しました。

「ヤマラー」としては行っておかなくては行かない店、山嵐系列の「六嵐」さんです。

店の名前の由来である「六つの嵐」、即ち背油豚骨、つけ蕎麦、油そば、豚バラ肉飯、ザンギ、そしてカレーと従来の山嵐さんと比べてそのメニューが多彩です。

近くの駐車場に車を停めて入店。夕食時にはまだ早いせいもあり店内の客は1人のみ。席はカウンターとテーブル2席からなる佇まいで私はカウンターに案内されます。

着席前に券売機でチケットを購入、この日はせっかくなのでいつものラーメンではなく「スパイシー背脂カレー」に生卵を載せてオーダ(¥900)とします。数分でオーダ品は登場となります!

六嵐 六嵐 その2 

ルーはペースト状になるまでトマトや玉ねぎ等を炒めて、挽肉とともに煮込まれた、言わばキーマカレーチックなテイスト。

トマトの酸味と適度な辛味がいいハーモニーでうまいですね。クミンシードか心地よいスパイシー感があります。

で、このルーの上に背脂ペースト、う~んおそらくマイルドさを醸し出してくれてるのでしょうがルーに混ざってしまって正直あまり存在感を感じないかなぁ。

さらにトッピングの生卵…その処遇に困ってしまった。結果的には溶いてご飯にかけるのがよかったかな?

今回はそのままルーに載せましたが白身の部分が食べにくく難儀。あと強いて言えばルー自身量がやや少ない?

一方ご飯は割と詰まった形で盛られています。なので見た目よりも結構量は多いのでルーのやや少なさを感じ、ここは生卵でカバーすべきですね。

そして唯一のトッピングともいえるチャーシュー…ちょっと冷え気味のせいもあるのかルーとのコンビネーションがイマイチかな。

で、チャーシュー自身の味もやや薄めなので存在感もちょっと薄い感じで、もう一工夫欲しいな。

ってことでカレーの味さながら辛口の評価となりましたが、これも山嵐系を愛しているが故でその想いは変わりません。

更なる挑戦に期待ですね!

 六嵐
 札幌市中央区南3条西12丁目325-19 ダイアパレス南3条 1F
 ☎:011‐281‐8899
 営業時間:11:30~16:00/17:00~21:00
 定休日:不定休
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト