FC2ブログ
2018/08/02 Thu 06:13 野球
年に1度の道東シリーズ第2戦は場所を帯広に移しての試合。

地元出身の杉浦が先発、前回の好投再びと期待されました!

1回表三者凡退に抑えその裏中田のタイムリーで援護をもらう…が、今回はやや気負ったか制球も定まらず2回、3回とそれぞれ2失点で3回途中で降板…

まだ右肩が本調子ではないとのこと…この内容ではさすがに先発陣の救世主とは言えないですが、連戦が続く終盤ではどこかで出番があるはずですからこの日の雪辱を晴らすべく再調整を期待したい…

打線はMarines先発:有吉から初回中田のタイムリーで1点を奪って以降沈黙…が、その有吉が7回で降板し松永がマウンドに上がった8回その流れが変わりました!

代打:杉谷の3号アーチを皮切りに西川・松本が繋ぎ中田のタイムリー、そしてレアードの3ランでこの回5点を返し1点差!

そして9回、新守護神:浦野がMarines打線を三者凡退にビシッと仕留め反撃を許さず、その裏のFightersの攻撃。

1死から松本が13球粘って四球を選んだのが再びチームのムードに火を付けましたね!

近藤が1塁線への鋭い当たりの3ベースで同点、そして最後は4番中田の3塁線を破るサヨナラ打で大逆転ゲームは終了!

ということであの「所沢の屈辱」で逆転された8点差には及ぼないも、8・9回だけで一気に6点差を逆転しての勝利はまさに「帯広の奇跡」として今季のポイントとなるゲームになりました!

ちなみに3回途中で降板した杉浦、そしてそれ以降の継投で登板した玉井、公文、井口と皆失点を喫し、試合を壊している。

終盤に向けてまた救援陣の脆弱さが露呈した形…この強化が大きなカギになるでしょう!

さぁ劇的にルーズベルトゲームを制し、今日移動日で明日から敵地:所沢でLionsとの首位攻防戦!

ゲーム差は2ですから3連勝で首位もひっくり返ります!

「所沢の屈辱」を果たすべく当然狙うは奪首です!



第92戦 千葉ロッテマリーンズ(8月1日 帯広の森野球場)

  8x-7  浦野  益田  なし

          中村 杉谷 レアード

 中田(+6)
 先制、追撃、そしてサヨナラと随所に4番のタイムリーが試合を形
 作っての3打点猛打賞!通算打率4割を超える帯広男、気が付けば
 打率は.274、打点は78とトップまで3点差に!4番が打てば勝つ!

 レアード(+4)
 序盤は有吉の変化球に翻弄されていましたが勝負所の8回、1点差
 に迫る3ランはチームを一気に奮い立たせた!道東シリーズ2試合
 連発の勢いを打率1割台と鬼門のLions戦でも失わずに寿司を握れ!
 


【マジック情報】

西武ロゴ    5位以上 M39 4位以上 M41 3位以上 M44
日本ハムロゴ    5位以上 M41
ロッテロゴ    2位以下 M43 3位以下 M44
オリックスロゴ    2位以下 M41
楽天ロゴ 2位以下 M39
スポンサーサイト