FC2ブログ
2018/09/30 Sun 08:09 野球
昨日は場所を仙台へ移動してのEagles戦。

前日好投のロドリゲスに代わって昇格したのは今季初となる谷口。

ケガで昨シーズンからずっと調整を続けてきただけにファンはもちろん、本人もその喜びは一入でしょう。

チャンスで代打起用も残念ながら結果は出せませんでしたが、ここからが本当の勝負。

それでもなくても外野のレギュラー争いは激しい…やはり打撃をアピールすることでその活路を見出していってほしいですね。

で、この日は谷口だけでなく野手全員がチャンスに一打を打てないと言っていい展開。

Eaglesを上回る11安打を放ち5四球をもらいながら得点はわずかに2回の内野ゴロの間の1点。

2回以降毎回走者を出すも喫した残塁は13…その拙攻とともに10回清宮の牽制死のようなミスもあり。

一方、投げては先発:村田が5回1死まで被安打1無失点の好投を見せるも危険球で退場で流れが変わり…

緊急登板となった玉井が2本のヒットを浴びてあっけなく同点に…また結果を出すことが出来なかった。

その後はトンキン⇒井口⇒浦野と無失点で切り抜けるも10日ぶりの登板となった藤岡が10回に登場して四球から自滅しサヨナラ負け。

まだ2位の芽がある中で起用されている若手が結果を出せず、そもそもレギュラー陣も布陣を替えつつの戦いのせいもあるのかリズムに乗り切れない。

CSを勝ち上ることを目指しレギュラー陣をローテ的に休養させ若手を登用する、この事実上2位を諦めていると言っていい起用がCS本番に向けて本当に投打噛み合う糧になるのか?

逆にこのリズムの悪さが仇になっているのではと感じられてしょうがない。

10/5から5日間の休みもある訳で、せめて試合の流れを見て交替などの起用とならないものか?

そういった意味では今日からの札幌ドームでのLions戦、優勝を目の前で見たくないですし、まだ優勝争いをしているHawksに失礼でもあり本気モードで戦って欲しいところ。

そんな中、今日は決してローテ投手とは言えない杉浦が先発…逆に言えば杉浦がしっかりと結果を残し周りの声を跳ね返さなくてはならない!



第136戦 東北楽天ゴールデンイーグルス(9月29日 楽天生命パーク宮城

  1-2x(延長10回)  宋家豪  藤岡  なし
                    なし

 藤岡(-2)
 先頭打者の四球でリズムを崩したか…その後犠打、敬遠と自分の
 ペースで投げ切れていない中で田中にヒットを浴びてのサヨナラ負
 け…移籍後3試合で2敗は期待を完全に裏切り…復活の道、険し…

 玉井(-3)
 スクランブル登板のハンディは確かにあるが逆にいつ自分に登板
 機会が来るかの準備はできているのか?せっかくのチャンスを活か
 せずこの日も失点。決め球がないだけに無駄なボールを減らすこと。
 


【マジック情報】

西武ロゴ    【2位以上決定!】
         
優勝 M1
ソフトバンクロゴ     【3位以上決定!】
         2位以上 M3
         
2位以下 M1

日本ハムロゴ    【2~3位決定!】
         
3位以下 M3
ロッテロゴ    【4位以下決定…】
         5位以上 M7 4位以上 M11 
         5位以下 M6

オリックスロゴ    【4位~5位決定…】
楽天ロゴ 【5位以下決定…】