FC2ブログ
2018/09/15 Sat 07:01 野球
あの地震後、2試合の中止を経て札幌ドームでの初めての試合となった昨日。

試合前にはBuffaloesの理解もあり、両チーム監督、中田、中島、そしてBuffaloesからは千歳出身の伏見が募金活動を実施。

試合の方は初回に先発:ロドリゲスが内野安打・四球から中島にタイムリーを打たれ先制を許す…しかしこのヒットも大田が懸命に突っ込むも惜しくもワンバウンドになってのヒット。

序盤はBuffaloes先発:ローチの変化球に悩まされていた打線は2巡目に入った4回に反撃。

近藤のセンター前のヒットから中田がバットを折ってのショートゴロ。折れたバットが気になったか安達のちょっとしたタイミングの遅れと近藤の懸命な走塁で2塁はフィルダースチョイス!

さらに中田も懸命に1塁に走り込みオールセーフ!これに動揺したかローチは制球を乱しレアード、清宮に連続四球で押し出しで同点。

さらに鶴岡がどん詰まりながらレフト前へ「気持ちのタイムリー」で勝ち越し!

続く5回も相手のミスから得た1死3塁のチャンスで大田がタイムリー、さらに6回にはレアードのフェンス直撃2ベースから再びどん詰まりのタイムリーをセンター前へ落とし貴重な追加点を挙げる。

一方、ロドリゲスは6回を散発3安打1失点で抑え初めてのQSを記録!

7回からは浦野⇒宮西とパーフェクトリリーフ!特に宮西は前の回拙攻で流れが変わりそうな展開での快投!

パ・リーグ記録を更新する11年連続50試合目の登板は記録にも記憶にも残る登板となりました。

9回にマウンドに登った石川直、ロメロに追撃の2ランを浴びさらに1・2塁のピンチを招くも最後は渾身のストレートで安達を三振に仕留め1点差を守り切った!

地震後、まさに気持ちが入った締まった試合展開での勝利は残り20試合での奇跡を期待させる勇気ある1勝となりました…あのプレーを除いては。

そのプレーは7回の西川のボーンヘッド…自らヒット、さらに近藤のヒットで2塁へ。そして中田の打席の初球、2・3塁間でポカンと棒立ちしているところを牽制死。

打者が中田であり基本的にサインプレーはないはず…なので類推するに集中力の欠如としか思えない。過去にもそんな前歴がありますしね。

せっかくいい流れで来ていて他の選手が気持ちの入ったプレーを行っている中でこの顛末は情けない。

さすがにこのプレーがBuffaloesに流れを渡しかねないのは分かっていたのか、翌8回ピシャリと抑えた宮西にお礼を言いに行ってはいましたが…

この借りは今日返せ!気持ちが空回りしかね居ない先発:有原を攻守で救うことでこの汚点を払拭せよ!



第123戦 オリックスバファローズ(9月14日 札幌ドーム)

  4-3  ロドリゲス  ローチ  石川直

          ロメロ

 鶴岡(+1)
 守っては投手陣の良さを巧く引き出し打者の打ち気を外すリードで
 Buffaloes打線に的を絞らせず打ってはいずれもどん詰まりながらも
 まさに気迫を感じる意地の2本のタイムリー!持ち味如何なく発揮!

 ロドリゲス(±0)
 初回こそ四球と2安打で1点を許すも2回以降は立ち直り6回まで許
 した走者はわずかに2人。直球、スライダーを主体に制球も安定し試
 合のいいリズムを作ってようやく2勝目!奇跡へのキーマンになるか?
 


【マジック情報】

西武ロゴ    【5位以上決定!】
         4位以上 M1 3位以上 M5
ソフトバンクロゴ     5位以上 M1 4位以上 M7 3位以上 M11
日本ハムロゴ    5位以上 M3 4位以上 M8 3位以上 M11
         
2位以下 M14

ロッテロゴ    5位以上 M15 4位以上 M20
         2位以下 M5 3位以下 M10 4位以下 M11
         5位以上 M20
オリックスロゴ    5位以上 M11
         2位以下 M1 3位以下 M6 4位以下 M7
楽天ロゴ 2位以下決定…】
         3位以下 M1 4位以下 M3 5位以下 M11

スポンサーサイト