FC2ブログ
2018/11/26 Mon 06:42 ラーメン
7月下旬、東京地方は35度を超える猛暑日が続きます。

しかも高湿度と道産子の私からするとはっきり言って地獄の環境…そんな東京へお客さんとの打ち合わせのため2泊3日の出張となりました。

とは言えお客さん対応は2日目朝から終日の打ち合わせ&その後の懇親会ってことで初日は移動のみ。

ただ季節柄か都内に連泊できる宿はなく…もちろん値段の高い宿、もしくはプライバシーがないような宿^^;はありますが今回は泣く泣く2泊別々の宿に。

出張先は新宿なので1泊目は移動に便利な場所を模索して見つけたのが麻布十番。

今年娘と東京に来た際に喫茶店で朝食を取ってスヌーピー記念館に向かう時に降り立ちましたね。

で、今回は東京の友人に連絡して当初は新宿で飲む予定がわざわざ麻布十番まで来てくれて…その友人2人曰く「今日は涼しい」とのこと。

20時半過ぎで29℃、もちろん私は汗だくで居酒屋へ向かいそこでガッツリ冷房に冷されつつビールで水分補給すること2時間ほどで飲み会はお開きとなり2人とは別れて…で、締めは当然ラーメン!

予めチェックしていた麻布十番のお店の中で向かったのは「156」…イチコロさんです。

麻布十番は一の橋から「きみちゃん像」(「赤い靴はいてた女の子」のモデルとなった実在の女性の像だそうで…実はこんな像があることは知らず見れませんでした^^;)に向かうパティオ通り沿いにお店はあります。

カウンター20数席からなりその上にはワイングラスなどがぶらさっがている等バーのようなお洒落な佇まい。

時間的にさすがに数人のお客さんがいる程度、自分もカウンター席に案内されます。

早速喉を潤すべくカウンター上の水を口にしますが…温いですねぇ、これは残念ですが逆にラーメンを食す前の気配りなのでしょうか?

さてオーダですが入口の券売機にてチケット購入。今回はなかなか他では見られない海藻の載った「純鶏あおさそば」(¥900)を注文、数分で登場です!

鶏そば十番156 麻布十番本店 

スープですが…まさに鶏白湯の濃厚な舌触り、味も鶏の風味が効いて美味いですね!

ドロドロとまではいわないまでもかなり煮込まれたトロリ感がある一方でしょっぱさやエグみはなく、純粋に出汁の旨みだけが伝わります。

麺は細いストレート麺。太さ的には冷や麦よりもやや太い感じか。しかし麺のコシがしっかりと感じられなおかつスープをしっかり絡めて相性抜群です。

トッピングは水菜に糸唐辛子が濃厚なスープと対照的でいいインパクト!小振りながらメンマも巧い!

そしてメインのあおさがいい塩味を出していて食感含めて主役の一端を担っています!ネギ、味玉も甘くておいしい!

そしてチャーシューは鶏肉を使用し全体のポリシーを損なわずスープにもとても合いますね!

ってことで店のお洒落感に味もしっかり付いてきてこれならお酒を美味しく頂いた後の締めとしてしっかり決めてくれる美味さ!

食べログなどでの評価の高さ、そしてリピーターも多いのを今回は納得しました!

 鶏そば十番156 麻布十番本店
 東京都港区麻布十番2丁目1‐10 
 ☎:03‐3453‐1560
 営業時間:11:00~28:00
 定休日:なし
 
 URL:twitter.com/azabu156


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト