FC2ブログ
2019/01/23 Wed 07:07 ラーメン
まだ昨年の話で…9月も半ばを過ぎました。

そんなある日、嫁さんから衝撃的な発言がありました!「知ってる?あの玄咲さんが辞めちゃうんだって!」

これは寝耳に水!早速ネットで調べてみると…確かに9月一杯での閉店が報じられていますね。

どうやら社長が高齢であること、一方で「氷温熟成」の麺や「龍舟麺」に代表されるその味の継承者がいなかったことがその理由のようで…

昭和47年に創業して46年、札幌ラーメンの老舗としてそのラーメンブームの先駆者でもあったこのお店。

確かに最近はやや客足も減っていたのかもしれませんが逆に何年経っても変わらぬ味の存在感はありましたよね。

で、閉店まで残り2週間足らず、嫁さんの情報ではその味を惜しんで連日混みあっているとのことで早々に訪れておかなくては!

ちょうどその週の週末はご近所の札幌ドームにデーゲーム参戦があることから試合終了後直行しましょうとの算段。時間的に夕ご飯の時間帯をちょっとずらして行けるだろうとの目算です。

で、当日試合終了後の訪問で到着したのは17時半よりも少し前。店内は混みあっていて自分たちの前には10数人程の待ち行列。

それでも15分ほどで私、嫁さん、上の娘の3人組はテーブル席に案内されました。

さてオーダですが早々とウリの「龍舟麺」を宣言した嫁さん。前回私も頂きましたのでここはすんなり譲って私は別味とトッピングを堪能したく「味噌チャーシュー麺」(¥980)をオーダ。

ちなみに娘は醤油ラーメンをオーダし、しっかり三者三様、別々の味をオーダとします。

玄咲 その4   

スープですが何とも言えない甘さがそこはかとなく感じられます。

所謂札幌ラーメンの味噌味とも違い、かと言って強烈な個性がある訳ではないのですがどんどん飲まさってしまう旨味とコクのあるいい味。麺との相性もGood!

その麺は玄咲さんのウリである氷温熟成麺。中太縮れの麺はどの味にも合うのは当然のことですが味噌スープをしっかり絡め何かしら麺自身の味もそれぞれの味に応じて引き立っているような気もします。美味しいですね!

トッピングですがモヤシ、ワカメが味噌味特有の盛り付け、ネギにゆで卵も懐かしさあり、そして大柄のメンマは甘くておいしいですね!

さらに大判のロースチャーシューは食べ応えありでスープにもよく合って美味しく頂けます!

ってことで嫁さんが食べた龍舟麺は香ばしさの旨み健在!

玄咲 その1 

娘が食べた醤油味も所謂昔風の味の濃さがいいですね。

玄咲 その2 

玄咲 その3 

とりあえず食べ納めとなりましたがいつかこの味を継承する人が現れて復活してくれることを願っております!

店主の方、スタッフの方、まずは本当にお疲れさま、ありがとうございました。

★ 過去記事「ラーメン日記<530> 玄咲 月寒本店」