FC2ブログ
2019/03/20 Wed 06:01 野球
ちょっと前回から時間が空いてしまいましたがFightersシーズンオフの企画です。

既にオープン戦も佳境を迎え、チームは現在3勝4敗2分…もちろんこの時期はあまり勝ち負けに拘ることはなくむしろ選手個々の調子を重視すべきで…

残念ながら清宮の離脱があったり、開幕先発の上沢の調子がイマイチだったり懸念事項もありますが、一方で新戦力の金子が期待通りの投球も見せてくれたり、大田が絶好調だったりと期待感の方がやはり大きいですね。

そんな期待感をさらに膨らませるべく2019シーズンを見据えるうえで2018を振り返る企画の2回目!

今回はトータルポイントでプラスとなったプレイヤーたちです!

 1位:大田、西川(9p)
 3位:中田、近藤(6p)


 5位:マルティネス、レアード(4p)

 7位:上沢(3p)

トップは2年連続の大田と西川!

大田はポイントも前年の6pから9pとアップ、攻撃型2番打者としてしっかりレギュラーに定着!その気迫あふれるプレーもファンの心を掴んでいます。今季から背番号も5になり更なる覚醒中!数字的には打率3割、25HRは打てるはずで、それが満たされればチームもおのずと浮上します!

そして西川、こちらも前年の2位からアップ、ポイントとしては5pから9pと貢献度もアップ!先日は初めて侍JAPANにも選ばれましたね!
抜群の成功率を誇る盗塁王、優勝争いの最大のライバルHawksの”甲斐キャノン”を今年も打ち破ってほしいですね!
そして懸案となっている打率、今季こそは3割超えを果たしリードオフマンとして更なる出塁率のアップを!



3位にはまず中田…前年は自身ワーストの成績でランクインしませんでしたから一気の飛躍!キャプテンとしてチームを牽引、104打点を挙げました!ただホームランは25本とまだまだ物足りない…35本120打点は打てる器、4番は譲れない!

そして近藤…やはり彼には首位打者の期待がかかるとともに守備位置がサードに代わることで守備面での向上も一つのキーですが器用な彼ならやってくれるでしょう!




5位には投打の助っ人の柱、マルティネス、そしてレアード。
マルティネスはその性格からもチームにすっかり馴染み10勝を挙げました。が、一方で不運な面があるも11敗ですからやはりローテの軸としては勝ち越さなくては!
そしてMarinesにトレードとなったレアード、ファンに愛されたそのキャラクターが去ったのは寂しいものがありますが、逆に敵としたときには弱点も抑えているはずでとりあえずFighters戦では抑えなくては!

7位の上沢は新顔、チーム勝ち頭の11勝を挙げチームのエースに!後半やや調子を崩し防御率が3点台に落ちてしまったのは初のフルシーズンでスタミナ切れがあったか?で、今季の開幕に向けて何とか調子を上げてほしいですね!

ちなみに以下、2pが有原、清水、中島、田中賢、上原、清宮、杉浦と7人続きますが、いずれも今季の飛躍が期待されます。
あっ、賢介については有終の美っていう方がふさわしいですかね?

ってことで次回はワーストポイントのランキング…上位はどうなりますか…


スポンサーサイト