FC2ブログ
2019/04/10 Wed 06:52 野球
昨日からHawksとのカード、その初戦は長崎での開催。

7年ぶりのプロ野球公式戦の開催は「WE=KYUSHUデー in 長崎」と題されたHawksの九州移転30周年の記念行事でHawksは専用ユニフォームを着ての試合となりました。

が、生憎の雨と風で、グラウンドコンディションも回を追う毎に悪くなり…両チームともコールドゲームを意識した戦略となっていたのは言うまでもないですね。

試合は初回に西川が内野安打で出塁後、近藤のセンター前ヒットで長躯1塁から生還し先制。その後1点を加え2点リード。

Fighters先発:上原は4回1死までパーフェクト、しかし淺間のエラーで崩れ一気に2点を失い追い付かれる。

その後はコールドゲームに備えて両チームは総力戦での競り合いに。

6回裏には玉井が連続四球でピンチを招き、その後を受けた堀がタイムリーを打たれ勝ち越されるも、7回表には無死2・3塁から中田は三振するも王柏融がレフトへ犠牲フライを放ち何とか同点。

Fightersは7人の投手を投じて何とかHawks打線を凌ぐ一方、打線はあと一本タイムリーが出ず…

結局延長に入ったところで雨が強まりゲームセット…拙守・拙攻が目立ち、さらに7人の投手のうち走者を許さなかったのは秋吉、宮西のみで…

玉井、ハンコックは2四球と自滅的にピンチを招く内容は全く改善されず信頼感は正直ないに等しい。

今日の先発はロドリゲス…疲弊している救援陣に頼ることなく最低7回は投げつつ試合を作ってほしい。

あとは打線…狭いヤフオクドームですからやはりアーチの有無がカギになりそうです。



第10戦 福岡ソフトバンクホークス(4月10日 長崎ビッグNスタジアム)


  3-3(延長10回途中雨天コールド)  なし


 淺間(-1)
 サードで初経験のグラウンドコンディションの悪さはあったものの
 悪送球が2つ、しかも1つは失点に繋がったのは頂けない。打でも
 満塁のチャンスに内野ゴロが精一杯で…まだまだ任し切れない三塁。

 秋吉(+1)
 両チーム1点ずつを取り合い試合が動いている7回裏に登板、上位
 打線をピシャリと3人で抑えた!前回も無死満塁を0封する等、壊
 滅状態にある救援陣の中で頼りになるベテラン!守護神復帰もあり?
スポンサーサイト