FC2ブログ
2019/04/28 Sun 06:26 野球
昨日からHawksをホームに迎えての3連戦。

そしてこのカードから今年もWE LOVE HOKKAIDOシリーズが始まりました。

で、さらにこのカードが平成最後のカード…そして第1戦が私の平成最後のドーム参戦となります。

これまでのローテだと上沢の順番、千賀との対決を楽しみにしていたら…ローテ再編のようで上沢は第3戦に回りこの日は上原が先発に…

上原vs千賀…この対戦でどんな試合展開を想像するでしょうか?

余程上原が好投しないと付け入るスキのない千賀相手に苦戦は必至…逆にHawks打線に序盤から上原が捕まりワンサイドゲームになる可能性も高い…

上原には申し訳ないですが、そのように思ってしまうのは致し方ないところ。

で、微かな期待を抱き試合を臨みましたが…この想像通りの展開になってしまった…

初回、先頭の川島にヒットを許した時点でもうリズムも何もあったもんじゃない…

ひたすらクイックで投げることしか考えてないのか、川島には1球も牽制せず、続く牧原は初球失敗したバントを2球も簡単にさせてしまう。

さらに2塁に進んだ川島には難なく三盗を決められ、今宮は右飛に抑えるも耐え切れず松田にタイムリーを浴びる。

2回もヒット3本で追加点、さらに自らの拙い守備で痛い失点を喫する。

もうこれで降板でよかったはずも前回に続きベンチは続投を命じるも3回にデスパイネにレフト上段まで運ばれ結局降板。

この間、この日昇格即女房役となった清水も無策…牽制、盗塁に対する指示はなく、左打者には外角一辺倒のリード、

キレや制球がある投手ならともかく、その対極にある上原相手にそのリードはどうか?

以前から同じことを指摘されているバッテリー…結局、彼らに何ら改善されるものはなく想定通り試合は序盤で壊れた。

打線は近藤が3安打と孤軍奮闘するも、王・横尾・清水と3の倍数打順がブレーキで中田の一発の1点止まり。

横尾は序盤の守備がやや緩慢さを感じさせましたね。

ってことでハナから捨て試合だったのかもしれないのであればそれで良し。

逆に今日からの2戦、有原・上沢の2本柱投入は必勝を期して臨まなくては!

私の「平成最後」の屈辱を晴らしてくれ!



第24戦 福岡ソフトバンクホークス(4月27日 札幌ドーム

  1-5  千賀  上原  なし
              デスパイネ 中田

 上原(-2)
 球種がストレートとカーブしかなく、スピードもなく、キレもなく
 三振が取れない、そして制球力もない…ここまで全試合で失点、
 この「ナイナイ尽くし」が克服できぬ限りローテに入る資格なし!

 清水(-1)
 この日1軍登録で即スタメン…確かにいきなりの実戦はハンディな
 のかもしれないが攻守ともにあまりに無策…軸となる捕手がいない
 なかで期待も大きいがこの内容ではまだまだ安心して任せられぬ。
スポンサーサイト