FC2ブログ
2019/09/29 Sun 09:06 野球
1日開いてしまいましたが一昨日のFighters今季最終戦、行ってきました。

周知のとおり、これが賢介の現役最後の試合となります。試合前の練習ではFighters選手全員が背番号3のユニフォームを着用しました。

杉谷、清宮、谷口(その1) 
杉谷、清宮、谷口(その2) 

日本1,500安打まであと3本に迫った状況でこの日も2番DHでスタメン出場。

2番DH 

試合の方は2回からプロ初登板となった田中瑛斗が緊張のせいか制球が定まらず…2ベースもしくは四球で出した走者をそれぞれタイムリーで返され2・3回と1点ずつを奪われ…

さらに4回から登板のゆーき君は3回こそ抑えるも5回はヒットを許すと脆さを露呈し大田の悪送球もあり2点を奪われます。

その後を受けた北浦は2回を無失点に抑えるも続く浦野は吉田正にホームランを打たれ、計5点献上…田中は別としてゆーき君、浦野と来季に向けての去就も微妙な投手が結果を残せませんでしたね…

一方、打線はBuffaloes先発の山岡の前に沈黙…中盤から走者を出しても相手の好守に阻まれ得点を奪えず…

そんな中で迎えた8回、2死1・2塁で賢介に打順が回ります。

最後の打席 

最初の2打席凡退で記録達成は厳しくなりましたが前の打席でヒットを放っていましたが、この打席、抑えきれない涙で目を潤ませつつドーム内に響く「賢介コール」の余韻が残る中の初球をライトスタンド直撃のタイムリーヒット!

記録は1,499安打と節目まで一本及ばずも、打点を挙げたこの最後の打席はしっかりとファンの記憶に刻まれました!

この後、9回はセカンドに入るも残念ながら守備機会なし。このまま試合はゲームセットとなりました。

2番セカンド  

試合後にはFighters最終戦のセレモニー、栗山監督は自らの去就には触れず、内容的にもどちらとも取れる挨拶。

来年の去就は? 

その後、賢介の引退セレモニー…ドーム内がピンクのイルミネーションに彩られる中、最後の挨拶。

賢介挨拶開始。 
ドームはピンク一色! 
賢介挨拶。 

スタッフ、選手、そして親や家族への感謝の気持ちを涙ながらに語る姿に、こっちもついつい涙腺が緩んでしまいました。

最後は胴上げ、そしてグラウンドを一周してファンの声援に応えました!

最後の写真 
最後の雄姿(^^; 

ってことでFightersは残念ながら今シーズンを終わりました。オフシーズンは今年も色々とありそうですね…

時折時事ネタも織り交ぜつつ、今季の振り返りもまた載せていきたいと思います。

とりあえず今シーズン読んでいただいた方、ありがとうございました!



第143戦 オリックスバファローズ(9月27日 札幌ドーム

  1-5  山岡  田中瑛  なし
              吉田正

 田中瑛(-1)
 スタッフの配慮であえて先発とはせずロドリゲスが1回を投げた後
 2回からのプロ入り初登板。緊張もあるでしょう、正直その制球の
 不安定さはまだまだの感。しかし2回投げ切った経験を来季の糧に!

 大田(+5)
 6回1死満塁でサードゴロ、ビデオ判定で併殺に覆り…続く8回は
 賢介の感動のタイムリーの後でいい当たりも宗の好捕に阻まれ結局
 打点を挙げれず守備でも暴投で1失点…来季は安定感を増し4番も!
 

 
【マジック情報】

西武ロゴ 【優勝決定!】
ソフトバンクロゴ  2位決定!】
楽天ロゴ【3位決定!】
ロッテロゴ 【4位決定…】
日本ハムロゴ 【5位決定…】
オリックスロゴ 【最下位決定…】