FC2ブログ
2020/03/06 Fri 06:21 ラーメン
システムの工事があり1か月ぶりの仙台。作業の関係で日曜移動、千歳を昼過ぎに立ち仙台入りしたのは15時前です。

ホテルにチェックインし一休み、その後活動開始。実はこの日仙台入りに際してハナから狙いがありました。

それは…「二郎」への訪問。地味な「ジロリアン」としては機会があれば各地の「二郎」を制覇したく…

これまで娘との旅行や出張で仙台は来ていたものの時間が取れず(まして娘とは絶対に来れないので^^;)…その意味では今回は絶好の機会!昼食もあえて抜いて気合十分。

混雑を避ける意味でもやや時間は16時過ぎと中途半端ですが「二郎」に向かいます。

店は広瀬通沿い、晩翠通りの交差点から西に向かったところ、国分町からは5分ほどのところでしょうか。

既に10人程の待ち、店前の歩道のブロックに座って待つことになりますが、この日は5月ながら日中30度超えの仙台、そんな日の夕方にはちょうどいい涼みになりますね。

さて「二郎」さんはその店によってローカルルールがあって迷う(^o^;)のですが、こちらの店はまずチケットを券売機で購入の上、行列に並び、定期的にやってくるスタッフの方に「マシマシ」の呪文を唱えて、その後は店の中からスタッフがカウンター越しに外の行列に声を掛けます。

で、この日は約20分程で呼ばれました。ジャンキー感満載の店内、ちょっと不思議な香り(豚骨かな?)も。

地味にU字型になっているカウンターのみの店内は12席ほど。卓上には醤油、胡椒、七味ってこれは他の店と違うかな?

で、オーダは「小 豚二枚」(¥690)で、ニンニク以外は特に「マシ」はなしでと気合の割には控えめ^^;

さすがにもう50を超えた年齢を自覚しなくては(笑)で、10分ほどでオーダ品の登場です。

ラーメン二郎 仙台店 

スープですがお馴染みのカネシ醤油の味ですが、結構しょっぱめの味に感じますね。

で、最初の見た目・食感として背油少なめ?と思ったらチャーシュー等から乳化した脂がたっぷり登場。さすがに最後は残させて頂きました…

麺ですがお馴染みの極太縮れ麺。他店に比べて何となく麺のコシがより強いように感じるのは気のせいかな?

麺自身の味にスープ、トッピングの味が絡み合い二郎らしさ満喫!但し今の私の胃ではこの量が限界ですね…

トッピングもお馴染みですね。中央にヤサイマウンテン、モヤシとキャベツがたっぷりでそこにアブラ、ニンニクが乗っかっていて…ニンニクは辛味が残らず美味いですね。

で、チャーシュー…っていうかどちらかというと角煮に近いですがそれが数枚(数個?)、こちらも柔らかくスープが染みて美味いですね!

ってことでお腹も十分満足で、待ち行列の長さとこの度を超える^^;満腹感で正直再訪はしばらく控えるかと思うのですが、いつしか我々をまた店へと導くその魔力は何でしょうか?

とにかく仙台店、いい思い出になりました!!

 ラーメン二郎 仙台店
 仙台市青葉区立町2-8
 ☎:非公開
 営業時間:〔火~土〕11:30~14:30/17:00~21:00
        〔日〕11:30~19:30
 定休日:月曜
 
 URL:twitter.com/jiro_sendai1023


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト