FC2ブログ
2010/06/01 Tue 06:37
 道の駅の旅・中空知編、ようやく最終回です!

「うたしないチロルの湯」から道道114号赤平奈井江線、道道627号砂川文珠線、道道283号砂川新十津川線を経て国道275号線に入ります。

で、歌志内から約30分走った国道275号線沿いに「つるぬま」があります。

つるぬま 

何か昔からのドライブインと土産屋がそのまま道の駅になりました…そんな佇まいの道の駅です。

着いた時間も16時過ぎだったので、全体的に「営業終了」的な雰囲気で…

名物の豆腐・油揚げも売り切れていて、また地元の野菜・果物を使った飲み物も売っていたのですが…せめて試飲とかできた方が、より売り上げを伸ばすことに貢献するのでは?
「作ったから買ってみて」的な展示ではなかなか手が出しづらい…。

ちなみに道の駅の入り口のドアも建てつけが悪く(?)開け閉めしづらくて、全体的にサービスに対する意識がちょっと薄いかなって感じてしまいました。

さあ、今度は15分ほど走って国道275号線から道道278号奈井江浦臼線、道道139号江別奈井江線を経て国道12号線沿いにある「ハウスヤルビ奈井江」に向かいます。

奈井江 

うーん、逆光…ちなみにハウスヤルビとは奈井江の姉妹都市のフィンランドの町名だそうで。

で、時間的に既に館内の喫茶店等はほぼ店じまい状態。かろうじて地元米を使ったソフトクリームがあったのでそれを所望。

隣接の物産館等もさーっと見て、足早に撤収。

国道12号線を一気に南下。日本一の直線区間も走破し「三笠」に向かいました。

三笠 

道の駅敷地内にはコンビニや地元物産を扱う「食の蔵」、さらにはイオンショッピングセンターや天然温泉「太古の湯」などが隣接し、さすが北海道道の駅第1号のプライドといったところか?

道の駅内のレストラン「しいたけ飯店」は準備中でしたが、魅力的なメニューが豊富。

前述の「太古の湯」に一度行ってみたいと思っているので、その際にこのレストランにもチャレンジしてみようかな?


ということでこの日の道の駅の旅はこれで終了。

三笠ICから道央自動車道で帰りました。

結局、この日回った道の駅は10箇所!スタンプもたくさん押しました!

ちなみに道の駅で必ずと言っていいほど、このスタンプ帳を持っている夫婦、親子に会いました。

結構みんな回っているんだなぁって感じですね。


さあ次回はどの辺りを回るか?当面は札幌近郊になるので、胆振・日高・後志あたりになると思いますが、またそれは次回のこころってことで…


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/168-224acdf5