FC2ブログ
2014/04/04 Fri 07:13 野球
9回表を終わって1点リード。

しかし勝ちムードに沸くFightersファンはおそらく少なかったでしょう。

そしていつものように投手交代のコール…「今日こそは…」誰もがそう願ったでしょう。

しかし…自らのエラーで劇場開演…以降のバッターは全てボール先行で、置きに行った力ないストライクを中村、今宮に快打され逆転サヨナラ負け。

逆転でリードし、バックもファインプレーでリリーフ陣を盛り立てたいい試合も呆気なく幕切れ…


150セーブ以上を挙げている投手は歴代11人いて、ちなみに現役は4人。

この11人のうち、実に8人までが国内外へ全盛期、もしくはやや陰りが見えだした頃に移籍をしています。

また引退している7人、いずれも怪我による登板減少、またはMLBでピークを迎えた後の国内復帰・成績下降から、クローザーの座を譲っている。

同一チームでクローザーの座をずっと全うしているのは永川(晩年はケガでその座を譲る…)、岩瀬と”彼”くらい。

なので、実績のあるクローザーを単なる成績不振だけでその座から降ろさせるのは前例もなく、彼のプライドも考えると難儀なのはわかります…

でも、かつてのエースが成績不振でその座はもちろん、先発ローテから外されることはザラですよね!

そう考えればクローザーだからって遠慮は無用でしょう…はっきり言って、彼がなんと言い訳しようが、ファンの大半が彼の登場に不安と失望感、ひょっとしたら不満すら抱いている…むしろ利口な彼ならそれを十分認識しているでしょう。

今年は勝ちに拘る野球を栗山監督は宣言したはず…斎藤佑樹を1試合の失敗でローテから外してファーム落ちさせるなら、彼だって同じ「戦犯」じゃないですか?

幸い増井も好調、クロッタという優良(今のところ)助っ人も入った…1年前の流行語ですが、彼の肩を叩く決断は「今でしょ」!

これは結果として、誰よりも彼のためになると思いますし…またセットアッパーに戻ったっていいじゃないか、人間だもの。



第6戦 福岡ソフトバンクホークス(4月3日 ヤフオクドーム)

  4-5x  サファテ  武田久  なし
            中田


  武田久(-1)
 ストライクが入らず、キレがなくて三振も取れない…おまけに守備
 まで乱れてしまってはあまりにも救いようがなかった…誰も肩を叩
 けるスタッフがいないならここは潔さを見せるのもプロの務めでは?

  西川(±0)
 4度、走者を背負う場面で登場も全て凡退で走者を進めることすら
 できず打線寸断…試合ごとの好不調の波が激しい今季。昨年2塁
 を守った中島が調子を上げて…レギュラーの保証はまだまだない!

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/1685-b0b10c78