FC2ブログ
2014/04/23 Wed 07:02 野球
年に数回の東京ドームシリーズ、今年初の開催。

Hawksを相手に迎え、試合はメンドーサとスタンリッジの両外国人の投手戦!

またも見せてくれる大谷の先制タイムリーで意気上がり、なおも無死1・3塁で4番:中田!

放った打球はやや浅めのセンターライナー…西川の足でどうか?と疑問を抱いている間に悪夢は起こった…

Hawksセンター:柳田が捕球(1アウト)し、即バックホームは好返球でタッチアップの西川が憤死(2アウト)。

さらにキャッチャーの細川が1塁ランナーの大谷が2塁を陥れようとした姿を見逃さず二塁に送球し大谷がタッチアウト(3アウト)

こういう形も珍しいですがあっという間のトリプルプレー…これでFightersがすっかり沈黙してしまいました。

その後、メンドーサがしのぎ切れず逆転を許し、打線の援護もないままそのまま敗戦。

悔しい負け方ではありますが、6回以降1人のランナーも出せない打線でしたからしゃーないですかね…

チーム打率が2割3分でリーグ5位、そのくせホームラン数はリーグトップタイってのは何なんでしょう。

但し盗塁数もリーグトップですから、もっとヒットさえ出れば機動力でも一発でも点は取れるってこと。

先発陣の崩壊もあって、なかなか投打が噛み合わない試練の時ではあります。

また、しいて言えばFightersも勝ち組救援陣を投入して、これ以上の失点は許さない気持ちを見せてくれたのはファンにとっては嬉しかったですかね…


ってことでまたもカード初戦を取れず…で、今カードは2戦なので勝ち越しはなくなりましたが連敗は許されません!

今日の先発は浦野…先日の屈辱的大敗の試合で最後に登板し失点、どうも立ち上がりの悪さは解消されていない…

まずは1回を全力で凌げば、プロ入り初勝利もすぐなのですが…



第22戦 福岡ソフトバンクホークス(4月22日 東京ドーム)

  1-2  スタンリッジ  メンドーサ  サファテ
          なし


  メンドーサ(-2)
 6回2失点は十分に先発として合格点ですが相手が1点に抑えて
 いて、かつ7安打浴びているところは真摯に受け止めましょう…
 とは言え無四球で投げ切った事実は次に光明!次は援護もある!

  中田(±0)
 チームとしても5安打ですから打線全般に責任があるのですがこう
 いうときは4番に責任を…事実初回のチャンスにも倒れ、そして屈辱
 の3重殺まで食らってしまい…そろそろ4番の存在価値を見せてくれ!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/1710-c6891fba