FC2ブログ
2016/08/31 Wed 13:57 野球
1974年、日拓ホームフライヤーズから球団譲渡し、新たに日本ハムファイターズとして誕生した最初の年。

ユニフォームも新たに臨んだこの年のシーズン、その前期は25勝36敗4分で最下位…また当時の本拠地:後楽園球場での成績は13勝16敗1分と負け越し…

選手からの評判もあまり芳しくなかったこともあり、玄を担いでユニフォームは後期から替えられ、前期のユニフォームはわずか3ヶ月で封印されることとなる…

で、42年の時を経てこの封印が解かれてのお披露目となった昨日からの東京ドームでのレジェンドシリーズ:Eagles戦。

当時3番を打っていた張本勲氏がファーストピッチを務め、応援も当時の雰囲気を再現するなど懐古ムードは十分な中での試合でしたが…

試合はまさにそのユニフォームを着ていた当時の復刻版(笑)となり…後楽園球場から様替わりした東京ドームで最下位チームのような内容となりましたね(´;ω;`)

その主役を担ったのはバース…常にファンの不安を煽ってきた今季、またその不安にしっかり応える立ち上がり…

先頭の島内にいきなりホームランを打たれ、その後も3連打などで初回に3点を失い、ゲーム、ナイン、ファンのリズムを崩し…

その後、近藤・中田のアーチで1点差に詰め寄るも、5回表先頭の銀次を死球で歩かせた後、ウィーラー、アマダーにヒットを浴び、無死満塁。

続くペゲーロは打ち取ったかに見えたが、もはや勝利の女神をそのリズムの悪さに呆れ愛想をつかしたか中島・賢介のグラブを抜けセンター前へ至る2点タイムリーで勝負ありました。

打線は13安打6四球、毎回走者をEagles投手陣から奪いながらも、やはり初回の失点から来るリズムの悪さが尾を引いたか17残塁の山でわずかに2得点…

Hawksが勝って再び”+”0.5ゲーム差に…

今日は負けられない!この復刻ユニフォーム、呪いのユニフォームにならなければよいが…(-_-;)



第119戦 東北楽天ゴールデンイーグルス(8月30日 東京ドーム


  2-9  菊池  バース  なし
          島内×2 近藤 中田


 バース(-5)
はっきり言ってこれほどファンの信頼感も支持も得られない助っ人
も珍しいのでは?開幕から何ら変わらない投球内容にファンは’74
当時への懐古から彼の「解雇」に想いを寄せていた…のは私だけ?

 大谷(+12)
徹底的な内角攻めで幾度もチャンスに凡退、そして最後は一転して
外角攻めで再び凡退…レアードともに出塁することなく17残塁の主
犯となった…「投」への復帰も囁かれる中、「打」もいいリセット時か?
 


【マジック情報】

Hawks 5位以上 M1 4位以上 M4 3位以上 M9
        2位以上 M13
北海道日本ハムファイターズ 5位以上 M1 4位以上 M4 3位以下 M10
        2位以上 M15
千葉ロッテマリーンズ 5位以上 M12 4位以上 M14
        
2位以下 M13 3位以下 M14
Eagles 5位以上 M20 4位以上 M23
        2位以下 M9 3位以下 M10 4位以下 M19
Lions 3位以下 M4 4位以下 M14
オリックス・バファローズ 3位以下 M1 4位以下 M12 最下位 M21


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/2516-8329da38