FC2ブログ
2010/09/05 Sun 08:20 競馬
 いわゆる夏競馬も今週で終わり…

札幌はもう1開催ありますが、関東・関西は中山・阪神の中央開催へ…

いよいよ秋のG1戦線に向けてトライアルレースも始まります。

そんな夏競馬の終わりを飾る2歳重賞×2。

新潟2歳ステークスは、上位馬が特に2歳G1を後に制することが近年多いですね。

メジロドーベル、ショウナンパントルが阪神JF(現レース名)を、またマイネルレコルト、セイウンワンダーが朝日杯FS(現レース名)を制しています。

特に2004年のレースでは、1~6着馬が後に重賞(しかも1、2着馬がその年の2歳G1を制す)を勝つという超ハイレベルレースで話題となりましたね!

1着 マイネルレコルト ⇒ 朝日杯FS
2着 ショウナンパントル ⇒ 阪神JF
3着 スムースバリトン ⇒ 東スポ2歳S
4着 フェリシア ⇒ フェアリーS
5着 アイルラヴァゲイン ⇒ オーシャンS
6着 インティライミ ⇒ 京都新聞杯、朝日CC、京都大賞典

一方の小倉2歳ステークス。

過去にタムロチェリー(阪神JF)、コスモサンビーム(朝日FS)といった2歳G1馬、そしてメイショウボーラー(フェブラリーS)、アストンマーチャン(スプリンターズS)といった短距離G1の勝ち馬を出しています。

このレース自体1200mなので後年の活躍の場も短いところになるのは当然と言えば当然ですか…

いずれにせよ、超大物を輩出しているレースとは言えませんが、逆に2歳G1戦線を占う意味では鍵を握るレースとも言えるでしょう!

ということで予想です。

小倉:小倉2歳ステークス(GⅢ)
 ◎ ブラウンワイルド ○ シゲルキョクチョウ ▲ テイエムターゲット

新潟:新潟2歳ステークス(GⅢ)
 ◎ グリーンエコロジー ○ キッズニゴウハン ▲ サイレントソニック


どちらのレースもまだ1~3戦の馬ですので、その結果でしか判断はできず、大荒れも必至…

なので講釈は省略といたします…

# 小倉出走の「社長」と「局長」、局長の方がかなり人気になっていますが…社長とどっちが格上なのかなぁ?命名時の期待度はどちらが上だったのでしょうか?
  また新潟出走のキッズニゴウハン…キッズは冠名、ニゴウハンは二合半でお酒の適量の意味だそうですが…冠名とのギャップが何とも…

  ということで、珍名馬の活躍が見られるか?
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/296-b44c9fe6