FC2ブログ
2019/11/21 Thu 07:03 カレー
4月中の土曜日、この日は上の娘と2人…家の近くの店で昼食を取っていた際、ここのところ嫁さんとやっている「モーニングラン」の話題に。

その中で昔大好きだったアンパンマンを久しぶりにテレビで見て面白かったとのこと。

まぁ何もなければ基本10時近くまで寝ている土曜日ですから、朝6時過ぎにやっている番組を見るのは久しぶりでしょうね。

そのストーリーの話をしているうち、「久しぶりにアンパンマンショップに行きたいな」という話へ移行。

そのアンパンマンショップとは札幌から約150㎞、「北の国から」でお馴染み富良野市麓郷の奥にあるお店。昔は確かに何度も行きましたがここ9年くらい行ってなかったですね。

で、一気に話は盛り上がり、翌日は天気も良さそうなので久しぶりに行こうという話になり、バイトのある下の娘は断念も嫁さん、さらには自分の母親にも声を掛けて朝8時前に札幌を出発!

アンパンマンショップに到着し買い物を終えたのは10時半過ぎ…で、昼ご飯をどうしようかと嫁さんと思案。

嫁さんは富良野郊外のピザ系のお店を想定していたようですが、時間も早いこともありここは1つ私からあの人気店を提案し嫁さんも快諾!

向かったのは富良野駅近くにある人気カレー店の「唯我独尊」さんです。

言わずと知れた富良野を代表する人気店と言っていいでしょう!開業して40数年、まさに「北の国から」に端を発する「富良野ブーム」の頃から居を構える老舗と言っていいでしょう。

自分が来たのも娘たちがまだ小学校入学前くらいで10数年ぶりでしょうか?その後何度か来ようと思いましたが休日には行列が当たり前のこの店、その姿の前に断念していました。

開店10分ほど前に到着すると幸いにも先着客はおらず、駐車場も空いています。さらに店のスタッフの方がお店まで談笑しているところで…

で、開店の2分程前に店内へ案内していただき1Fのテーブル席に着席。丁寧な接待がGoodですね!

オーダですがここは定番の「オム+ソーセージカレー」(¥1,510)をチョイス!10分ほどで品物は登場となります。

唯我独尊 



大きめの皿ながらいっぱいに盛られたメインのカレーやトッピング、その横にはサラダ、そしてやや替わった味の福神漬が添えられてて隙間はありません。

香辛料や一部の果物以外は米、さらにはルーの原料の小麦粉も含めて全て地元:富良野産に拘るのはさすが地元を代表する人気店の自負!

ルーですがじっくり煮込まれた濃厚な味。しっかりと旨みを感じた後にじんわりとスパイシーさが伝わってきます。

これがデフォルトのルーの味ですが私は大歓迎な一方、辛さに弱い娘や母等はちょっと辛かったようです。

さらに卓上にある「独尊サンバル」という辛味調味料の投入も考えましたが単独で食べると結構な辛さ、ここはじっくりルーの味を味わいたいのでやめておきます。

ライスは黄色いサフランライスになります。若干量は少なめかな?

そんなに強い味付けではなく個性的なルーやトッピングの存在感の前にちょっと影は薄いかもしれませんね。逆にどの食材との組み合わせでも美味しいです!

トッピングはメインのオムレツ、中にはたっぷりのチーズがトローリで全体的にも柔らかくその甘味がルーにも合って美味いですね!

一方の雄、ソーセージも適度に輪切りにされているのが食べやすくてよいですね。豚肉の旨味がそこはかとなく伝わってきて美味しいです!

さらに小ぶりにカットされたジャガイモ、カレーとの相性は言うまでもなく適度な味付けでこちらもGoodです!

ちなみにルーはライスが残っていれば皿をカウンターに持って行って「ルルルルルー」って叫ぶとおかわりがもらえるとのこと。

帰り際には「ありがとうございます。行ってらっしゃい。気をつけて。」との言葉もあり気持ちよく店を後に。

このスタッフの応対と味の美味さが相まってこそが人気店たる理由ですね。

 唯我独尊
 富良野市日の出町11-8
 ☎:0167-23-4784
 営業時間:11:00~21:00
 定休日:なし
 
 URL:doxon.jp


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/3420-b08ff587