FC2ブログ
2020/02/18 Tue 07:43 ラーメン
娘2人が御贔屓のアーティストのグッズを購入するため、向かったのはさっぽろ創生スクエア。

北1条通りと創成川通りの交差点に昨年完成し、地下鉄大通駅と地下歩道で直結、「水曜どうでしょう」等でお馴染みの某放送局やその親の新聞社といったオフィス、さらには札幌市図書・情報館等も入っているビルになります。

で、私と嫁さんはこの2人とともにお出掛け。車をビル駐車場に停め、娘たちがグッズ販売している間を使っての目的がありました。

1つはビル内にある札幌市図書・情報館、そしてもう1つはこのビルの近くにある人気ラーメン店への訪問です。

そのお店は「Q」さん。食べログやラーメン雑誌等で常に高評価を受け、それこそ前述の某局でやっているチームNの番組では中央区の№1ラーメン天にも選ばれた人気店。

札幌市内で上位にランキングされるお店はほぼ制覇していましたがこの店だけは行ってませんでした。

店の駐車場がないこと、日曜日がお休み、土曜も昼間しかやってなく、かつ行列がザラであること等々。

で、やっと訪問の機会を得ての来店、場所は時計台の北東側、北2条通り沿いのビルの地下にあります。

この日はちょうど開店直後の訪問、行列はなくすんなり入店できましたが、残りの席はわずか。
その後次々と来店したお客さんは待ち行列を作ります。さすがの人気ぶり。

店内はカウンター席とおしゃれなガラステーブルの席で、どちらかと言えば夜のBar営業モードの装いですね。

さてオーダですがここはウリの2トップをチョイス!自分は「白湯チャーシュー」(¥1,250)、嫁さんは清湯を分担。

混んでるせいもあり10分程で登場!

Japanese Ramen Noodle Lab Q(その2) 

スープはその名の通り、見た目は白濁。その味は最初コンソメ風の様相なのですが、これを混ぜると途端にクリームポタージュ風味に様変わりします。

いずれにしてもコクと旨みたっぷりでさすがに人気となるのはわかる美味さ!

麺は中太の平打ちストレート麺です。ストレートながらスープに溶け込み、スープパスタのような食感で美味いです。

茹で加減もギリギリの柔さです。

トッピングはチンゲン菜、ネギ、白湯とは絶妙の相性の玉ねぎ微塵切りがスープの底から出てきます!

糸唐辛子に丼上の右からロース、肩ロース、モモ肉、ササミと多彩なチャーシューがそれぞれの味を楽しませてくれますね!

ってことでマスコミの露出も多いお店、その注目ぶり、人気ぶりも頷ける味!

ちなみにこちらは嫁さんのオーダした清湯。

Japanese Ramen Noodle Lab Q(その1) 

今度は他の多彩なメニューにもぜひチャレンジしたい!開店直後が狙い!

 Japanese Ramen Noodle Lab Q
 札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビル B1F
 ☎:050-5594-9594
 営業時間:〔月~土〕11:00~15:00/〔月~水〕17:00~19:30
 定休日:日曜
 
 URL:www.facebook.com/ramenQ2014/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/3441-59d65bff