FC2ブログ
2020/03/19 Thu 11:03 野球
ちょっと前回から時間が空いてしまいましたがFightersシーズンオフの企画です。

前代未聞の無観客試合のオープン戦も終わり、本来であれば明日から開幕だったところまだその予定は立たず。

とりあえず引き続き練習試合という形で選手たちはコンディションを整えることになりますが、やはり一日も早く本番の試合を見たいものですね。

そんな欲求を期待に変えるべく2020シーズンに向けて2019を振り返る企画の2回目!

今回はトータルポイントでプラスとなったプレイヤーたちです!

 1位:西川(8p)
 2位:中田(7p)
 3位:有原、清宮(6p)


 5位:大田(5p)

 6位:渡邊、田中賢(4p)

トップは3年連続で西川!

ただポイントとしては前年から-1pですか…打率は前年よりアップも3割に届かず、ウリの盗塁も前年の半分以下…
まだまだ彼の持つ実力からすればポイントを稼いでほしいところではありますね。
今季はキャプテンとなりチームを鼓舞するだけでなく、打率3割超えと盗塁王復権を果たしリードオフマンとしてチームの牽引を!

2位には常連組の中田。彼が打てばチームの勝率はかなり高いのでしょうから、ポイントが多いのも頷ける一方…打率は2割5分を切り、ホームランも25本に届かず、打点も100を下回り…一昨年ほどではないですが、決して満足のいく数字ではありませんでした。
昨年は侍JAPAN、さらには球宴からも選に漏れ…かつての日本の4番、これでいいのか?ガッツの指導の下、復活を期待!



3位には孤軍奮闘の有原、そして以外にも清宮が入りました。
有原はチーム唯一の2桁勝利、防御率も2.5を割りまさにエースと言える活躍!
1試合平均のイニング数も約7回と救援陣の負荷を軽減している…はずなのですが実は完投は1試合しかなく…
立ち上がりの悪さの克服と完投数の増加が果たせれば監督が期待する20勝も夢ではない!

そして清宮…正直、昨季印象に残っているのはTigers戦での甲子園での活躍と札幌ドームで金子が先発した試合でマウンドでコケ、その後起死回生のアーチを放ったくらい?
打率、ホームラン数は全く納得いく数字ではなく…中田、横尾、王、近藤とライバルが多い中でいかに自分をアピールしてくれるか?開幕も間に合いそうですね!

5位には2年連続1位から陥落して大田…ケガに泣きましたねぇ、2年連続で球宴も辞退。とは言えキャリアハイの打率、本塁打も20本とポテンシャルの高さは見せてくれた!
今季は2番?中軸?それとも4番?打線のキーマンの役割は今年も変わりません!

6位に渡邊、そして賢介…新旧のセカンドが並びました。

規定打席に到達、セカンドのポジションを確保し全てにおいてキャリアハイだった渡邊。しかし真価を問われるのは今年…守備面でもまだまだ課題があり変化球打ちも上達の余地あり。ライバルが多いポジション、そこを制すればおのずとチームへの貢献度も上がります。

で、賢介…残念ながら日本球界1500安打にはあと1本足りず、しかしそんなところが賢介らしく。今季からはチームのSpecial Adviserとして、さらにはNHKの解説者(これも賢介っぽい(笑))としてチームに叱咤激励を期待します。

ちなみに以下、2pが金子、王、石井、宇佐美と4人続きます。

開幕前に期待された新戦力の金子、王…

先発・ショートスターター・中継ぎと色々試行錯誤の末、結果的にチーム2番目の勝ち星を挙げた金子、終盤ようやく本来の安定感を取り戻してきましたね!当然今年は2桁は必須目標で貢献度もアップしなければ!

4割40本の触れ込みで入団した王でしたが…ケガもあったものの正直期待を裏切った結果に…しかし先日までのオープン戦では変化球への対応に成長も感じられました。背番号も3を背負い、まずは打率3割必達でポイントゲッターになることを期待します。

そう言えばこのランキングに外人選手がいない…こんなところも昨季の低迷の一因でありましょう。

そしてなかなか一皮むけない石井、終盤やや尻すぼみとなった宇佐美…今シーズンは十分にレギュラー取りも可能です!

ってことで次回はワーストポイントのランキング…上位はどうなりますか…
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://piicraw.blog107.fc2.com/tb.php/3449-a389f354